FC2ブログ

ライフワークの証

父ケロとして
12 /06 2018
ガイヘル(知)


今週の日曜日。

ガイドヘルパー(知的・精神)の三日目最終日を終え、修了証明書を頂いてまいりました。

実地研修では実際にガイドヘルプを要請した利用者さんと一緒に電車に乗って終日横浜観光です。

今お世話になっている放デイでもお出かけイベントは日常茶飯事。

しかしたかだか一年ちょいの経験は移動をサポートする専門分野の学びの弊害となると考え、実地研修では(今日が初めてです感)を大切に知識の吸収に徹しました。

しかし利用者さんのほうが慣れていて、どちらがサポートされているのかが分からないくらい頼もしい若者ばかりでした。

コミュニケーションが不得手のはずなのに、コースに迷う私の腕を引き、案内してくれたりして!・・少し感動してしまいましたね。

きっと放デイ事業も行っている主催のNPOが数年前から優れたサービスを提供していたのでしょう。

あと、残すは今週土日の(全身性)の二日目と三日目最終日です。

ガイドヘルパーの資格は大まかに分けて(知・精)(全身性)(視聴覚)の三種構成となっているのですが、今回は(知・全)二種類の同時講習しかありませんでしたので、とりあえず二種類のみでの受講です。

(視聴覚)の行動援護や初任者研修はまた来年ですね。

横浜市では(全国的にも?)圧倒的に不足しているガイドヘルパー。

他府県と比べると、受講条件の資格の有無が問われず、若干敷居が低いのかも知れません。

けれど私がそうしようと臨んだ動機は(せっかくだから・・)という訳ではありません。

福祉サービス業界にお世話になり一年を経過しましたが、そんな私に対してはとても厳しい散々な評価ばかりです。


駆け出し一年の半端者。

業界には向かないはみ出し者。

パートやボランティアならまだしも本業では厳しい?

コイツには無理、等々。



確かに気はきかないし知識や経験も浅い。

向き不向きで言えば向いていないんでしょう、きっと。

でも・・思うんですよね。

だいいち本業副業のカテゴライズ意識ってなに?

今、メインでお世話になっている放デイ事業所と就B事業所に出会ったお陰で福祉サービス業が大好きになりました。

叱られて凹むことは日常的な事ですけど、決して仕事を嫌いになるわけではありません。

この(好きである)という気持ちは私自身の固有の感情であり、それを向き不向きを計るためのスケールで語られても・・う~ん・・なんだかなぁ・・

40年以上昔の小学生の頃。

番長格の女の子がピンクレディーの応援隊になるための十カ条みたいなものを作っていました。

要はピンクレディーを好きでいられることが許される条件ですって。


いつ頃好きになったか。

どれだけの期間好きでいたのか。

なぜ好きなのか。

ミーとケイのどちらを指示するか。

二人の生年月日や出身地は・・・等々



当時、子供ながらにその滑稽な認定資格を目にした時、腹がよじれるほど笑いました。

今、こうして思い出すだけでも笑いの涙でメガネが曇ります。


好きこそ物の上手なれ


・・こんなことわざもありますしねぇ。

向き不向き、本業副業等々。

今のところ批判的なご意見を言われても全く嫌いになれません。

私の心を支配するのは私自身ですから。

まぁいつ心変わりするかも知れませんがね。

そうならないためにも、やらされ仕事だけは✖でしょうか。

それでは。

35,000円の名刺

父ケロとして
11 /24 2018
横浜アリーナ


連休初日の勤労感謝の日だった昨日。

放デイのお出かけイベントで横浜アリーナに出掛けてきました。

子供向けイベントなので、当然ながらお子さんを連れた親子だらけ。

皆さん計画性をもってちゃんとした生き方を実践してきた方々のはず。

そんな尊敬すべくお父さんやお母さんに混じり、仕事中ではありますが、その余興の幸せの頂の場を体験させて頂きました。

今後、そんな神々しいお手本通りの生き方に近づけるかどうかはいざ知らず、明日の日曜日には遅まきながらも資格取得のための講習会に参加します。

経緯詳細は以下でどうぞ!☟


スピンオフ⁉ 私設アメブロ


現在使ってもらっている近所の放デイ事業所。

本年春。

素性の知れない私を温かく迎え入れて頂きました。

願わくば人生の折り返しを長ぁ~くご一緒してみたい!

そんなことを強く願えばこそ、様々な挑戦が必要となってきます。

その挑戦とは従属を支えるための自己処遇改善策の実行です。

放デイや就労B送迎のお仕事は、人を雇用しながら機能していない事業(自営業)を継続していたために背負ってしまった借金の返済をカバーできるほどの給料を頂けるほどの業界ではありません。(決して嘆きではなく現実的な話です)

給付金事業である放デイの辛いところは営業努力でたとえ利用者数を増やせたとしても、その一つの事業所規模により頭打ちの利用制限が存在するために、事業収益を増幅させることが難しいところでしょうか?

職員の処遇を世間様並みに引き上げ、離職率を下げて安定雇用を確保し、経験豊かな熟練指導員による質の高いサービスが提供できる環境を実現させにくい事業の一つかもしれません。

事業所や事業数を日々増殖させている昨年夏に門戸を叩いた隣町の放デイ。

先日、私の中にある倫理観に触れ、あまり肌に馴染まずに現在は距離を置いています。

しかしその会社にも正論があり、必死に現社員や新規雇用を守っている可能性は否定できません。

人様の大切なお子さんを預かる放課後等デイサービス。

事業者自らが提供するサービスの質の向上を考えた場合、時間給で働く非常勤職員がその運営の半数以上を下支えするマンパワーが必要とされます。

そんな人材の安定雇用を実現させるには事業所を増やしてみたり、事業カテゴリーを拡張したりの事業拡大が必須となるのも解らないでもありません。

けれども処遇改善の問題は非常勤に限った問題ではなく、体力抜群の若い正規雇用にも当てはまる問題なのです。

正規雇用者の職務スキルが向上し運営戦力となる頃。

やりがいを感じても結婚を機に離職を余儀なくされる正規職員が意外と多いとされる放課後等デイサービス。

ん~ん・・そ・そ~なのかなぁ・・

この生活基盤を支えるべく処遇改善の問題。

はたして代表者等の経営陣だけが悩むだけでいいのでしょうか?

曲がりなりにも10年近く経営者をやっていた輩である私。

経営陣に対して・・


時給を上げて下さい!

シフトを増やして下さい!



そんな風には考えられんのですよ。

だって使ってもらっているだけで幸せなのに・・

まぁ、そんな訳で。

現放デイと永続的な関係性を構築するためにも、自らが処遇改善策を実行して参ります。

まずは35000円の身銭を切り名刺でも・・

しつこいようですが、詳細は以下でどうぞ!☟


スピンオフ⁉ 私設アメブロ


それでは、また。

点と線の感慨

父ケロとして
10 /21 2018
1 ニッパツ三ッ沢競技場


10月後半の秋の日曜日。

ここは自宅や現放デイから車で10分くらいのところにある横浜FC(キングカズの所属チーム)のホームである三ッ沢競技場です。

まだ若干肌寒い午前中。

なぜだか私はここで勤務中なのです。

(土日は何がどーあっても仕事をしない)

そー決めているはずの現放デイの代表者さん。

私が先日、土日にやっていたもう一つの放デイに別れを告げたもので、減収を補うために新たに仕事を作ってくれているのでしょうか?(ありがたや・・)


2 あしなが基金


事業所として登録しているのでしょうか?

あしながドリーム基金のご招待ですって。

事業所で観戦予約をした横浜VS大宮の観戦チケットの引き換えに来たのです。

サッカー観戦は職員である自分達が楽しむわけではありません。

この観戦は放デイに通ってくれている児童さんやそのご家族のものなのです。


3 青テント


暑くも寒くもなく最高の行楽日でホントよかった!


4 意外と空いている?


もう一人の管理者代表もまた、他の児童を連れて映画鑑賞にお出かけとのこと。

ホント頭が下がります。

なんて悠長に写真なんか撮っていたらチケット引き換えの列が50人くらいになってしまいましたよ!


5 瞬間的に50人


チケット引き換えの列には見たことのある大手就労支援事業所の方や他の大手放デイさんもチラホラ。

さすがですね皆さん。

事業所の利益を確保するならば(行動援護)の研修を受けて発行してくれる国家資格を盛り込み、現放デイサービスの他にガイドヘルプ(移動支援サービス)事業を定款に追記する手続きをすれば、今回のこのイベント引率は立派な余暇活動の支援業務として成立し、イベント参加人数分の高額な加算対象となるのに・・などと考えてしまう私はまぁ何とも・・どこまで浅ましい人間なんでしょう・・


6 チケット


引き換えたチケットを眺め、(最良の児童支援はご家族自身が紡ぐ余興の記憶である)と語るツートップ代表の懐の深さをかみしめます。


7 入場口案内


あれれ、忘れてましたぁ!

チケットを貰っても尚、入場口で早めに並ばなくてはならなかったのです!


8 入場列


もう既に100メートル以上先にあるテニスコートまでの長蛇の列ですね。

う~ん・・次回11月のチケット渡しはウチの子供に頼んで入場口に並んでいてもらおうかなぁ・・


9 入場1


とりあえず12時に開場してしまったので早めにご家族に連絡し事情を話し、当初の現地集合時間を早めることに成功し、一家族は入場されました!

(いってらっしゃ~い!家族で楽しんでね!)


11 入場3


そしてもう一家族もお見えになり、無事にいってらっしゃ~い!のお見送りでございます。


10 入場2


さてさて、駐車場の代金が気になるので早々に引き上げるとしますか・・


12 三ッ沢公園


戻りながら隣接する三ッ沢公園を歩きます。


13 公園散策1


あえ?この公園は昔子供と遊んだよなぁ。


14 公園散策2


11月のチケット配付の時にはご家族にちょこっと話してみましょうか?


16 公園散策4


改修工事の進んだトイレなんかもバリアフリーだし・・


17 公園散策5


サッカーに飽きても陸上競技やっているし・・


15 公園散策3


生ビール美味しそうだし・・⁉


19 公園散策7


・・・あ、このすり鉢状の公園って・・


18 公園散策6


ああ!上の子が小学校に上がってから初めて父子で過ごしたサマーキャンプの場所だ!

木の枝やどんぐりで工作をしたりスタンプラリーをしたっけ・・

でええぇっ!ココだったんだっけかぁぁ!


20 公園散策8


そうだそうだ・・

駐車場から見えるこの風景は鮮明に覚えておりますよ。

まぁ何とも感慨深いこと。

上の子の不登校がキッカケで仕事を変え、飛び込んだ放デイ。

その放デイ代表の計らいで送り出された今回のミッション。

忘れかけていた上の子との貴重な父子の記憶。

その点のような記憶が時を超え、こうして線で結ばれるとは思いませんでした。

さてさて、帰りましょっと。

それでは、また。

意味を知る一日

父ケロとして
09 /24 2018
小平霊園


春から登校しはじめ、夏休みを挟み、休み明けの登校が危ぶまれていた子ケロ。

何せ二年近く不登校だったもので、行かなくなっても不思議はありません・・

しかしどーしたわけか、9月も登校しています。

別に登校していようが引きこもっていようが、愛する気持ちは揺るがないので、心の奥底ではどーでもいいことなのですが・・

時期的には仕事を福祉業界へのシフトしはじめ、今メインでお世話になっている放デイの皆さんとお会いした時期と重なります。

けっこう無関心を装ってはいても、日々活力が増してゆく父親である私の表情を感じているのでしょうか?

あるいは収入の激減により、夫婦関係は悪化の一途をたどりこれ以上ないほどの危機を迎えておりますので、その経済危機を感じ、義務教育だけでも終えておこうと立ち上がったのか?

正確な理由は分かりません。

連休ど真ん中であった昨日、世間ではお彼岸ですね。

おばあちゃんの一声で皆で墓参りに行って来ました。

家族のイベントには無関心を貫く子ケロ。

どうせは一人で留守番だろうと決めつけておりましたら、なんと普通に自分で起きて身支度をしているではありませんか!

逆に私の身支度を急かされましたよ。

若い頃にはイマイチお彼岸というイベントの有効性に気付きませんでしたが、何となく意味が分かったような気が致します。

このイベント。

現生の家族を繋ぐイベントのようですね。

さて、本日の祝日は放デイのお出かけイベントです。

こちらの社会家族もしっかりと紡いで参りまぁす!

それでは、また・・

どこまでも繋がる偶然

放デイ
09 /22 2018
マッシュルーム


もう4~5年前でしょうか?

形式的に行ったで~りん忘年会に疲労困憊した深夜。

心の通う友人であるIさんを引っ張って飛び込みで入った二次会の店、天王町のイタリアンBar。

それなりに苦労し造り上げたチームに漂う希薄な人間関係と業種の未来の閉塞感に不安を払拭出来ず、飲みなおさねば年を越すことが出来なかったのです。

不安は的中し、見事に粉砕したチームですので、このお店のことは忘却の彼方へ・・でした。


天王町マッシュルーム


昨晩のこと。

代表の一声で久しぶりの飲酒会に誘っていただきました。

体調を崩し、休暇を余儀なくされた放デイ創設主要メンバーの方が見事返り咲き、快気祝いと少し遅くなった暑気払いというのがメインテーマです。

もちろん末端の身である私がお店の選定に関わることなど出来ません。

(あれ?・・なんか来たことあるかも・・)

入店してしばらくは数年前に訪れていたことなど気付きませんでしたが、トイレから戻るカウンター席の風景で記憶がフラッシュバックしました。

時を超え、素晴らしい方々と共にまた入店できた偶然に一人感動してしまい、暴飲に拍車がかかってしまいました。

何だか嘘のように過去と現実、未来が入り乱れ繋がってゆく偶然の波に驚きを隠せませんね。

年末、またIさんでも誘ってみましょうか?

それでは、また・・