FC2ブログ

点と線の感慨

父ケロとして
10 /21 2018
1 ニッパツ三ッ沢競技場


10月後半の秋の日曜日。

ここは自宅や現放デイから車で10分くらいのところにある横浜FC(キングカズの所属チーム)のホームである三ッ沢競技場です。

まだ若干肌寒い午前中。

なぜだか私はここで勤務中なのです。

(土日は何がどーあっても仕事をしない)

そー決めているはずの現放デイの代表者さん。

私が先日、土日にやっていたもう一つの放デイに別れを告げたもので、減収を補うために新たに仕事を作ってくれているのでしょうか?(ありがたや・・)


2 あしなが基金


事業所として登録しているのでしょうか?

あしながドリーム基金のご招待ですって。

事業所で観戦予約をした横浜VS大宮の観戦チケットの引き換えに来たのです。

サッカー観戦は職員である自分達が楽しむわけではありません。

この観戦は放デイに通ってくれている児童さんやそのご家族のものなのです。


3 青テント


暑くも寒くもなく最高の行楽日でホントよかった!


4 意外と空いている?


もう一人の管理者代表もまた、他の児童を連れて映画鑑賞にお出かけとのこと。

ホント頭が下がります。

なんて悠長に写真なんか撮っていたらチケット引き換えの列が50人くらいになってしまいましたよ!


5 瞬間的に50人


チケット引き換えの列には見たことのある大手就労支援事業所の方や他の大手放デイさんもチラホラ。

さすがですね皆さん。

事業所の利益を確保するならば(行動援護)の研修を受けて発行してくれる国家資格を盛り込み、現放デイサービスの他にガイドヘルプ(移動支援サービス)事業を定款に追記する手続きをすれば、今回のこのイベント引率は立派な余暇活動の支援業務として成立し、イベント参加人数分の高額な加算対象となるのに・・などと考えてしまう私はまぁ何とも・・どこまで浅ましい人間なんでしょう・・


6 チケット


引き換えたチケットを眺め、(最良の児童支援はご家族自身が紡ぐ余興の記憶である)と語るツートップ代表の懐の深さをかみしめます。


7 入場口案内


あれれ、忘れてましたぁ!

チケットを貰っても尚、入場口で早めに並ばなくてはならなかったのです!


8 入場列


もう既に100メートル以上先にあるテニスコートまでの長蛇の列ですね。

う~ん・・次回11月のチケット渡しはウチの子供に頼んで入場口に並んでいてもらおうかなぁ・・


9 入場1


とりあえず12時に開場してしまったので早めにご家族に連絡し事情を話し、当初の現地集合時間を早めることに成功し、一家族は入場されました!

(いってらっしゃ~い!家族で楽しんでね!)


11 入場3


そしてもう一家族もお見えになり、無事にいってらっしゃ~い!のお見送りでございます。


10 入場2


さてさて、駐車場の代金が気になるので早々に引き上げるとしますか・・


12 三ッ沢公園


戻りながら隣接する三ッ沢公園を歩きます。


13 公園散策1


あえ?この公園は昔子供と遊んだよなぁ。


14 公園散策2


11月のチケット配付の時にはご家族にちょこっと話してみましょうか?


16 公園散策4


改修工事の進んだトイレなんかもバリアフリーだし・・


17 公園散策5


サッカーに飽きても陸上競技やっているし・・


15 公園散策3


生ビール美味しそうだし・・⁉


19 公園散策7


・・・あ、このすり鉢状の公園って・・


18 公園散策6


ああ!上の子が小学校に上がってから初めて父子で過ごしたサマーキャンプの場所だ!

木の枝やどんぐりで工作をしたりスタンプラリーをしたっけ・・

でええぇっ!ココだったんだっけかぁぁ!


20 公園散策8


そうだそうだ・・

駐車場から見えるこの風景は鮮明に覚えておりますよ。

まぁ何とも感慨深いこと。

上の子の不登校がキッカケで仕事を変え、飛び込んだ放デイ。

その放デイ代表の計らいで送り出された今回のミッション。

忘れかけていた上の子との貴重な父子の記憶。

その点のような記憶が時を超え、こうして線で結ばれるとは思いませんでした。

さてさて、帰りましょっと。

それでは、また。

意味を知る一日

父ケロとして
09 /24 2018
小平霊園


春から登校しはじめ、夏休みを挟み、休み明けの登校が危ぶまれていた子ケロ。

何せ二年近く不登校だったもので、行かなくなっても不思議はありません・・

しかしどーしたわけか、9月も登校しています。

別に登校していようが引きこもっていようが、愛する気持ちは揺るがないので、心の奥底ではどーでもいいことなのですが・・

時期的には仕事を福祉業界へのシフトしはじめ、今メインでお世話になっている放デイの皆さんとお会いした時期と重なります。

けっこう無関心を装ってはいても、日々活力が増してゆく父親である私の表情を感じているのでしょうか?

あるいは収入の激減により、夫婦関係は悪化の一途をたどりこれ以上ないほどの危機を迎えておりますので、その経済危機を感じ、義務教育だけでも終えておこうと立ち上がったのか?

正確な理由は分かりません。

連休ど真ん中であった昨日、世間ではお彼岸ですね。

おばあちゃんの一声で皆で墓参りに行って来ました。

家族のイベントには無関心を貫く子ケロ。

どうせは一人で留守番だろうと決めつけておりましたら、なんと普通に自分で起きて身支度をしているではありませんか!

逆に私の身支度を急かされましたよ。

若い頃にはイマイチお彼岸というイベントの有効性に気付きませんでしたが、何となく意味が分かったような気が致します。

このイベント。

現生の家族を繋ぐイベントのようですね。

さて、本日の祝日は放デイのお出かけイベントです。

こちらの社会家族もしっかりと紡いで参りまぁす!

それでは、また・・

どこまでも繋がる偶然

放デイ
09 /22 2018
マッシュルーム


もう4~5年前でしょうか?

形式的に行ったで~りん忘年会に疲労困憊した深夜。

心の通う友人であるIさんを引っ張って飛び込みで入った二次会の店、天王町のイタリアンBar。

それなりに苦労し造り上げたチームに漂う希薄な人間関係と業種の未来の閉塞感に不安を払拭出来ず、飲みなおさねば年を越すことが出来なかったのです。

不安は的中し、見事に粉砕したチームですので、このお店のことは忘却の彼方へ・・でした。


天王町マッシュルーム


昨晩のこと。

代表の一声で久しぶりの飲酒会に誘っていただきました。

体調を崩し、休暇を余儀なくされた放デイ創設主要メンバーの方が見事返り咲き、快気祝いと少し遅くなった暑気払いというのがメインテーマです。

もちろん末端の身である私がお店の選定に関わることなど出来ません。

(あれ?・・なんか来たことあるかも・・)

入店してしばらくは数年前に訪れていたことなど気付きませんでしたが、トイレから戻るカウンター席の風景で記憶がフラッシュバックしました。

時を超え、素晴らしい方々と共にまた入店できた偶然に一人感動してしまい、暴飲に拍車がかかってしまいました。

何だか嘘のように過去と現実、未来が入り乱れ繋がってゆく偶然の波に驚きを隠せませんね。

年末、またIさんでも誘ってみましょうか?

それでは、また・・

設備投資の秋

児童デイサービスパート
09 /21 2018
レザーコンバース


夏休みの時期を終えた9月。

もう夏物のメッシュスニーカーでは足先の冷えを感じるようになってきました。

今日のような雨の日には尚更のこと。

放課後デイサービスの午前出勤は文字どおり(放課後)時間帯の出勤が叶っているのですが、今月から早朝からの午前中に就労型施設のお迎え便のパートに出ています。

就労施設のお迎え便勤務を終え、ちょうど事務所に戻ると・・

届きましたよ、実測30㎝のレザーコンバースが。

かかとの内側部分がナイロンメッシュなので耐久性に難があるのか、定価も1万円を切るので、通常のレザースニーカーよりも安いみたいですね。

なぜ同じ靴を二足買うのか?については・・もう分かりますよね。

一日履いたら休ませてを繰り返すと、靴の寿命は1.5倍以上伸びます。

貧乏人の知恵でございますよ・・・

毎朝洋服と合わせて靴に悩むのは時間の無駄なので同じものを。

値段の話をすると二足で5,000円の投資です。

甲の部分を覆う(ベロ)の部分に変な癖がついてしまっていたり、屋外展示で色あせしてしまっている品を専門に仕入れているネットショップを見つけ、先日発注しておいたのです。

変な洒落っ気とは無縁の買い物です。

行ってみれば今の仕事の設備投資ですね。

さぁ、早速午後からの放デイで活躍してもらいましょう!

それでは、また。

久々の無休暇

父ケロとして
09 /05 2018
夏の終わり


トリプルワークを重ねるうえで問題となること。

それは労働基準法に関わる事でしょうか。

今月からは早朝からの午前中いっぱいに就労B型施設のお迎え業務を引き受けることになりました。

月曜日から金曜日までの平日と各週おきの土曜日です。

よって学校の始まった放課後デイのネックだった午前中の空き時間を労働時間に充てられるわけですね。

しかし数社を重ね隙間なく働くと、法定休暇の確保が問題となってくるのです。

ここは足りない知恵を絞り、何とかしてます。

休暇中にも半ば仕事ととれる事務的な作業は無申告の無給ボランティアで出来ることが多いものなのです。

これを仕方なく嫌々こなすことは至難の業。

やはり好きだという感覚無くしては不可能です。

学校の始まった放デイにおいては、学校から事業所までの移動時間も大切で貴重ですので、児童達の心に残る有意義な時間を提供したいと考えました。

夏休みのように毎日イベントでお出かけってわけにもいかず、所内で過ごす時間も少ないですしね。


セレクトCD


よって今回は放デイの移動の車中にてどんな曲をかければいいかを児童自身に決めてもらい、児童目線のCDを作成しました。

もちろん休みの日を利用しての作成です。

そんなことをしていたら結局7月から本日9月の初旬まで実質無休暇です。

こんなことを語ると昔よくいたらしいテレビプロデューサーのようですが、決して(忙しい自慢)のようなネタをアップしたいわけではありません。

久々にこの私設ブログを開いてみれば、8月のアップは僅か一回のみ。

前は毎日アップしていたのに・・

そうです。

ブログアップ出来ないことの言い訳でございます。

ああ、情けない・・

今年の残暑は厳しいんでしょうかねぇ。

皆さま、体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

それでは、また。