FC2ブログ

暴論 愚の骨頂

父ケロとして
01 /27 2017
女性男性2


「まぁそのぉ・・ちゃんとしてるな・・。」

22~23年前の新婚当初。
夫婦で私の先輩の結婚披露宴に出席した。
このぐずぐずブログの監査役(?)の先輩だ。
私は勝手にスピリチュアルキングと呼ぶ。
この時、妻ケロと先輩は初対面であった。
宴の後、先輩は妻ケロの印象を語った。
思慮深いコメントの意味など分からない私。
しかしさすがスピリーキング。
一目で妻ケロの素性を見抜いていた。
(夫の私はつい最近分かってきたのに。)

グズグズやってないでハグしてあげなさい。

これは長年迷惑をかけている先輩の言葉。
先日、子ケロ不登校をこぼしたら叱られた。
10代の頃に知り合い、もう30年以上が経つ。
この方のスゴさを語るには言語では無理か。
私は昔、有名な偉人に会ったことがある。
会食もしたが、全く緊張したことがない。
この方の宇宙的エネルギーを知ってるから。
私は勝手にスピリチュアルクイーンと呼ぶ。

子ケロが不登校になった訳。

おそらく主原因は我々夫婦にあるのだろう。
しかしここではバッサリと割愛しよう。
ウジウジ考察してるとまたお二方に叱られる。
では私はなぜこのお二方に連絡をしたのか?
勤勉であることの功罪。
その罪の部分を助長させる怠惰の罪。
潮の満ち引きやメリハリ、緩さと厳しさ。
いわゆる(いい塩梅)の抽象論を無教養な私
に説いてくれたのはこのお二方だけだった。
スピリーキング&スピリークイーン。
(&で括ったが、お二方には接点がない。)
きっとお二方には我々夫婦の未来に現状の
有様が見えていたに違いない。

「それさぁ~・・早く言ってよぉ~」

自分勝手にも程があることは理解している。
がしかし、松重豊バリにそう感じてしまう私。
よぉ~しっ‼
両人には出会った責任をとってもらおうかぁ‼
(なんのこっちゃ・・)

子ケロの不登校の主原因。

誰が見ても分かる歪んだ夫婦関係にある。
カウンセラーが皆意見をそろえるポイントだ。
歪んだ原因は双方にあるが、大半は私か。
端的にはフリーランスの経済的将来不安か。
常時不安定のうえ時間的拘束性が強い。
しかし妻ケロのスケジュールはもっと過密だ。

日中は総合事務の仕事。
炊事。
洗濯。
掃除。
子供二人分の勉強や宿題。
習い事の送迎。
子供会の役員活動。
子供二人分の学校のPTA活動。
町内の自治会役員活動。

その他にも色々あるかもしれない。
スピリークイーンの推奨する(ほっこりハグ。)
私には可能だが妻ケロには厳しい環境か。
しかし多忙でもハグする母親は沢山いる。
妻ケロのハグが極少なのは本人のキャパ。
であれば改善点は家事労働の分担か。
私が仕事をセーブし早めの帰宅で対応する。
でもたぶん経済的将来不安は増すのだろう。

では自殺し保険金でも残そうか?

・・現実逃避が打開策になった例はなかろう。
きっと不幸のツケが子供の将来に廻るだけ。
現実に回帰し、ビジネス環境を見渡してみる。
受注数や請金の不安定なメインの建物調査。
ストレス発散の毎日のブログアップ・・だけか。
建物調査は8年目なのにまだ構築できない。
8年かけて波に乗れないモノは無理なのだ。
現実的にはブログ環境を伸ばすしかないか。

そうだ、モルモットになろうか。

ブロガーという職種(?)を調べてみた。
みんな有名人や知識人なんだね。
本やメルマガでガッポリなんだろうね。
ではアフィリエイターはどうか。
やっぱり皆頭脳明晰なんだよ。
成功体験を情報商材にしてるんだね。
ネットで食うなんて無理無理・・でもないか?

そう思わせたのは、とある不登校児のブログ。
高額カウンセリングや書籍は当然いいんだろ。
けれども、実体験の記録にはかなわないよ。
不登校で将来の職が不安視される子ケロ。
実体験を綴るだけでも救われる人がいるよ。
何気に続けてきたブログ環境が継続できれば
子ケロも社会と繋がりが持てるかもしれない。
何ならサイト自体が子ケロを支えてくれればな。
私が愚弄される様子や、万一好転してゆく様子
等のプロセスをまとめてゆけば、それはそれで
失敗や成功のリアルな情報商材になるのかも。

商材検体をお探しの方、ここにおりますよ。
社会貢献のワードを口にする成功者の方々。
もってこいの実験用検体がここにはあります。

これは夢物語なのだが、経済的に不利な状況
にある全国の親御さんの情報交換や実際の場
所が点在し確保されるきっかけになればなぁと。
拠点自体が仕事になれば、尚素晴らしい。
余裕をもってハグされる子ケロが増えるかも。

・・その前に目を覚まして色々勉強しろってか。

PS.父がこれだから、今日も子ケロは不登校。

父ケロ

CAFE BREAK

父ケロとして
01 /28 2017
異国のカフェ

正月。
新サイトの構想を練りながら餅を食う。
(従来の好き勝手な戯言は許されんぞ)
テーマが重いから難しいなぁしかし・・。

なもんだから月の後半になっても無投稿。
もう尻込みしていても始まらないかなぁ。
して20日から一週間、毎日アップしてみた。

うっすら思い描いていたことは発信したか。
先程読み返すと・・まぁ・・暗いかぁ・・。
しかも・・つまらねぇなぁ・・。

でもいいや。
感情を覆い隠しても文脈ですぐバレるから。
カラ元気で虚勢を張る段階は遠い過去だし。

でもなんかこう疲れるのも事実。
基本能天気だからここらでちょっと小休止。
異国のカフェのフリー画材をアップしてみた。

昔、会社の旅行でミラノに行かせてもらった。
その時も裏路地にこんなカフェが溢れてた。
これはどこの国なのかな・・。

日本で言えば長屋の茶屋みたいな感じか?
尺貫法じゃないから広くていい感じだね。
隣も奥も向かいも全部カフェか。

事務所傍は最近、シャッター街化が目立つ。
行政が買い、安い賃料で貸せばいいのに。
若くてセンスのいい出店希望者募るとか。
税金いっぱい取れると思うんだけどね。

歩いてこれる距離にカフェ街があれば最高。
図書カフェが沢山あれば盛り上がるね。
1時間くらい子供預かる絵本専門店もいい。
ママさんが子供預けて美容院やネイルとか。
ほんのちょっと息抜きできればいいのにね。

赤レンガ倉庫

先日仕事HP用に撮った赤レンガ倉庫。
これも行政が買って再建したんだっけな。
いつも強烈に賑わっているよ。
事務所から10分くらいなのに行けないほど。

mikufuku.jpg

これは子ケロの監視役で働く二匹の猫。
けれど初めての極寒の冬で寝てばかり。
全然仕事しないよ。

サイトの広告収益を詳らかにてみようか。
今月はいくら、いくらと預託金を公開したり。
貯まった金で不登校児&猫カフェオープン。
親御さんや本人に働いてもらい給料も確保。
うへぇ~、楽しぃ~!

民間学び小屋の法整備待つより早いかもね。

PS.本日子ケロは妻ケロとお出掛けでご機嫌

父ケロ





緊急避難場所

父ケロとして
02 /02 2017
葉っぱ

本日現場仕事に向かう車中。
ショッキングな映像を目にした。

無抵抗の少年を同級生と思われる少年が
殴る蹴るの暴行を加えている痛ましい映像。
それをただ眺めているだけの少年もひとり。
黙々と映像を記録するのもまた少年だ。

やめてくれと訴える、暴行を受ける少年。
聞く耳を持たずいたぶり続ける少年。
止めようともしない笑みを浮かべる少年。
はやし立て、ビデオを回し続ける少年。

どの少年にも親はいるのだろうが、どの子の
親の立場になって考えてみても辛い。
辛すぎる。

驚いたのは学校か教育委員会かは分から
ないのだが、誰が見ても一方的にリンチを
加えているとしか思えないのに、いじめであ
るとは認識していないとのことだった。

この倫理と乖離した現象には正直驚いた。
でもこれって昔からのことなんだろうか。

推測なのだが、程度や加減の違いはあるに
せよ、これに近いことは沢山あったんだろう。
現代特有の現象ではないのかもしれない。

でも社会全体がもう少し緩やかに情報が流
れており、善悪に関わる行動反復に思慮(自
己メンテナンス)する時間や場所、隠し通す
ことの出来ない親との距離感が傍にあったよ
うな気がしてならない。

希薄な人間関係を構築してきた私などが偉
そうに持論を展開してもはじまらないのだが、
もうちょっと何かうまい方法ってないのかなぁ。

行動を顧みることの出来る時間や空間。
知識不足による世界観の狭さに気付くことが
出来るような教養を養える場所。

ザックリなのだが、そんな自分の心のメンテ
が出来る(緊急避難場所)のような空間を構
築したいと考えている。
それがサイト上の空間なのか。
物理的に存在する空間なのかの選択に至る
までにはもう少し勉強が必要か。

昔であれ今であれ共通して言えるのは加害
者も被害者も傍観者も、全て心の傷となり、
それを抱え込み、闇を孕んで一生を終えてゆ
くに違いない。

けれどその闇は誰かに話し、発信することで
背負う重さが変わるかもしれないな。

最近恥を晒しながら、そう感じております。

PS.やべぇ、早く帰ろうっと。

父ケロ



プローブタイム

父ケロとして
02 /03 2017
図書カフェ2

いい感じの図書カフェだなぁ。
緊急避難場所構想にピッタリだよ。
このいい感じってぇのが肝だったりもする。

ネットの中で妄想にふけっていても始まらん。
最近多くなってきた図書カフェを体験しよう。
(フォトアップの店はイメージで拝借)

要はゆっくり出来て本が読めればいい。
いいや、そんなことはないよ決して。
趣きや雰囲気って外せないでしょ。

あの場所に避難したい。
あそこで時間を過ごしたい。
あそこで考えたい。

結構あの時あの場所とメモリーされる事って
多い気がする。
特に若年層はねぇ。

ちょっと土日に出掛けてみようか。
一見は百聞に如かずってか。
簡易アップでゴメンナサイ!

父ケロ

朝日新聞社が運営するクラウドファンディング!【A-port(エーポート)】

備えあれば憂いなし

父ケロとして
02 /09 2017
子ケロ新生児時代

これ、子ケロの新生児の頃の写真である。
ばぁちゃんがフィルムカメラで撮ったモノ。
肖像権(?)の観点で♡マークを入れといた。

もう一つの(建物調査のお仕事)というサイト
でも触れているのだが、昨日、仕事で使った
【ナカバヤシ フォトレコ】という機械で数年前
にネガをデジタルデータに変換したモノだ。

時折、自分一人で自然に大きくなったような
生意気な口を叩いた時、スマホの画像を本人
にあてがい、反省を促すときに使っている。

後のパソのディスプレイに映っているモノは
ネガフィルムから読み込んだ生データ。
手前のスマホに映っているのはスマホ用に
データ変換し取り込んだ同じ写真である。

フォトレコちゃん

写真では分かりにくいと思うが、手のひらに
乗ってしまうほど小さな機械なのに、実力は
中々のモノ。

ネガフィルムや写真そのものをローディング
(スキャニング)し、SDカードに読ませる。
そのカードをパソに入れて保管したのだ。

キッカケは某役所の依頼で膨大な量のネガ
フィルムや写真をデジタル化する仕事をした
時、同様の機能を果たす業務用の機械を導入
した時までさかのぼる。

じつはこの業務、東日本の津波被害の後に
発注された仕事だった。

ご存じのとおり、役所から民家に至るまでが
津波にのまれ、過去の貴重なデータが流され
紛失してしまったらしいのだ。

この仕事をキッカケに家庭用のコンパクトな
機械を探し、自宅の昔の写真やフィルムなど
をすべてデジタルデータ化したのだ。

写真本体が汚れていたり、ネガにカビが生え
ていても、取り込み後に簡単に修正できる。
生データは頑丈なHDDなどで保管しておき、
パソやスマホへコピーしておけば万一の時に
でも、いずれかのデータは残っているだろう。

それでも不安な人はクラウドにデータを預け
るなんてぇのも有りかも。
私は流出が怖いからそこまではしていない。

でもこの作業、とてもいい作業であると思う。
初々しい過去の自分達との対話が、現在の
自分達のこれからに活きてくるような・・。

最悪、妻ケロに棄てられ別れても、記憶だけ
は手元に生きているといった利点も有るか⁉

大昔の大きな写真なんかもそのままイケる
タイプも出ているみたいなので、興味のある
方は調べてみて下さい。

本日は今日認証が下りたばかりのアマゾン
の広告リンクを貼ってみます。
数千円から数万円まであるかと思います。
業者に高い金払って頼むより自分でやった
ほうが楽しいですよ。

タップで商品詳細画面にジャンプしますが、
いきなり購入にはなりません。
検索バーに(フォトレコ)と文字を入れ検索
すれば色々な種類が見られますョ。

ご購入頂いた方は取り込む前にご連絡を。
取り込むときに若干のコツがあり失敗すると
写真やネガを痛める可能性がありますので。

不安な時にはメールフォームからお問い合
わせくれれば返信いたしますョ。それでは。

父ケロ