FC2ブログ

序章 後悔先に立たず

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
01 /20 2017
ランドセル

昨年の肌寒い頃。
小雨の落ちる夕刻あたり。
車で同僚を送る途中の信号待ちの時。
ワイパー越しに人影が見え、目を凝らす。
そこにはランドセル背負った子供が一人。

(上の子と同じくらいの歳かなぁ・・)

すると突如、涙があふれ滴り落ちる。
それは感情から独立し勝手に流れ出る。
もはやオフライン化した涙腺は制御不能。
30分以上も、いっこうに止まる気配はない。

同僚の前では憮然と偉そうにしている私。
そんな輩がしゃくりあげて涙を流してる。
同僚はその異様な光景に絶句状態。
そりゃぁたまらん、奴もかわいそうに。
客観的にはある種のホラー現象だよな。

理由はじつに単純だ。

小雨ににじむその子が上の子と重なった。
小一の頃の姿がフラッシュバックしたのだ。
真新しいランドセルに興奮し喜んでいたっけ。
今は部屋の片隅でホコリだらけだよ。
けっこう高かったのにねぇ。

上の子が不登校になり、そろそろ一年。

バカな父親なりに胃が痛くなるほど考える。
トライ&エラーに錯綜する日々で疲労困憊だ。
してとにかく、経済的に安定すればなぁと思う。
すれば子供の大好きな母親が働かずに済む。

自営弱小チームの経済活動には波がある。
利害を左右する設計主権は元請だからね。
意思決定権の及ばぬ労使関係はもう8年目。
おべっかサラリーマンと変わらんよこれじゃぁ。
いや、固定給や昇給賞与がある分上をいくか。

労使間を繋ぐコーディネーターはヤル気ゼロ。
なまくら選手権世界チャンピオン間違いなし。
経済的な自由なんて夢のおとぎ話である。

でも嘆いてばかりもいられない。
なまくら侍に依存していたのは私だからね。
何か行動しなければ時間だけが過ぎるだけ。
足りない脳ミソ絞って動くしか道はないのだ。

一番楽しいはずの小学生時代。
昼夜猫と遊ぶだけなんて50年先の話だって。
熱いうちの鉄が打てるように何とかしなきゃ。

PS.今日現在、子ケロは不登校のまま。

父ケロ