FC2ブログ

潜在市場 窮(きゅう)すれば通ず

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
01 /26 2017
うつむく女性

「10人いれば10通りのケアが必要です。」
「ご両親が加われば30通りのケアですね。」

メンタルケアの若い先生は静かに語る。
区の無料相談に伺った時のお言葉だ。
昨年で5~6回お会いしたかな。
発言の過激な私は最近省かれているが。

予約がうまく取れても二週間に一度。
1時間の不登校関連の無料相談である。
無料だから相談件数が過密しているのか。
若干やつれ気味だ。

詳細に事の経緯を話しても次は二週間後。
一日に何十組も相談受けているのかな。
結局毎回、前回話した経緯のおさらいだ。
とてもいい方そうで子ケロも安心している。

しかし終始暗く、言葉には力が感じられない。
誠に残念なのはそのアドバイスの内容。
ネット精神科医のトップページと変わらない。
活路の見えない相談に妻ケロは疲労困憊だ。

全国の精神科医と心療内科医の人数は?
2~3年前の数字だが、2万3千人弱。
不登校児数は全国約29万3千人。
親族を含めると推定163万6千人。

163万人って・・県や市町村の人口と同じ?
福岡市の人口が155万人。
神戸市は153万人。
川崎市は150万人。
札幌市は・・・。

全国の専門医が2万人でどーケアするの?
先生の言葉を借り、あてはめてみると・・・
2万人の医師が163万種類のケアかよ⁉

表に出ていない潜在数を加えると・・・。
これ、将来的にはどうするんだろう。
不登校マイノリティが通学する子を越える?
教育立国再建は相当先の未来かもねぇ。

復学目的の(NPO等フリースクール)。
緊急避難場所的な(フリースペース)。
これら避難所が医者を増やすより早いか。
認可規制を緩和して民間参入増やすとか。

また前フリ(まだ前フリ?)が長くなったか。

現状、調査業務で生計を立てる私、父ケロ。
調査と言っても公共工事関連の建物等だ。
今年から子ケロの件で遠方現場を断る事に。
普段から貧乏なのに減収益は必至だ。

しかし時は待ってはくれない。
先月買った子供の靴は来月には小さくなる。
心の成長を置いて体はどんどん大きくなる。

経済的に不利な状況下にある方々にもスマホ
片手に有益な情報が無料で閲覧することができ、
効果的と思われるような情報を共有交換できる
ようなサイトの開設を喫緊に目指します。

見てもらいすぐ分かるかと思いますが、サイト
の運営などまったくの素人。
よって知り合いの専門家にも相談しています。
シニモノ狂いで挑み、早期構築を目指します。

後半いきなりのデスマス調。
ここらの散らかり様で危機感お察し下さい。

次回はサイト構築におけるスキームについて。

PS.今日も子ケロは不登校のまま。

父ケロ