FC2ブログ

緊急避難場所

父ケロとして
02 /02 2017
葉っぱ

本日現場仕事に向かう車中。
ショッキングな映像を目にした。

無抵抗の少年を同級生と思われる少年が
殴る蹴るの暴行を加えている痛ましい映像。
それをただ眺めているだけの少年もひとり。
黙々と映像を記録するのもまた少年だ。

やめてくれと訴える、暴行を受ける少年。
聞く耳を持たずいたぶり続ける少年。
止めようともしない笑みを浮かべる少年。
はやし立て、ビデオを回し続ける少年。

どの少年にも親はいるのだろうが、どの子の
親の立場になって考えてみても辛い。
辛すぎる。

驚いたのは学校か教育委員会かは分から
ないのだが、誰が見ても一方的にリンチを
加えているとしか思えないのに、いじめであ
るとは認識していないとのことだった。

この倫理と乖離した現象には正直驚いた。
でもこれって昔からのことなんだろうか。

推測なのだが、程度や加減の違いはあるに
せよ、これに近いことは沢山あったんだろう。
現代特有の現象ではないのかもしれない。

でも社会全体がもう少し緩やかに情報が流
れており、善悪に関わる行動反復に思慮(自
己メンテナンス)する時間や場所、隠し通す
ことの出来ない親との距離感が傍にあったよ
うな気がしてならない。

希薄な人間関係を構築してきた私などが偉
そうに持論を展開してもはじまらないのだが、
もうちょっと何かうまい方法ってないのかなぁ。

行動を顧みることの出来る時間や空間。
知識不足による世界観の狭さに気付くことが
出来るような教養を養える場所。

ザックリなのだが、そんな自分の心のメンテ
が出来る(緊急避難場所)のような空間を構
築したいと考えている。
それがサイト上の空間なのか。
物理的に存在する空間なのかの選択に至る
までにはもう少し勉強が必要か。

昔であれ今であれ共通して言えるのは加害
者も被害者も傍観者も、全て心の傷となり、
それを抱え込み、闇を孕んで一生を終えてゆ
くに違いない。

けれどその闇は誰かに話し、発信することで
背負う重さが変わるかもしれないな。

最近恥を晒しながら、そう感じております。

PS.やべぇ、早く帰ろうっと。

父ケロ



兆し

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
02 /01 2017
川辺の子供

不登校の理由はどの子も複合要因だろう。
子ケロに関してもおそらくそうだと思う。
結局要因一つ一つを潰してゆくしかないか。

で、まず改善最優先事項は夫婦間の亀裂
を補修することからなんだろう。

不登校になる前は結構な勢いでやりあった
から、心の傷は相当なモノかもしれない。

不登校になってからは逆に妻ケロのほうが
精神のバランスを崩しているようである。
穏やかで優しい妻ケロが暴力的になった。
私も何度か蹴りを入れられているほどだ。

しかし子ケロのためにならグッと耐えられる。
直情型の私としては考えられない事だよ。
怒りのエネルギーって結構簡単にコントロ
ールできるもんなんだね。

その甲斐あってか、最近子ケロの笑顔が
多くなってきたように感じる。
声のハリも出てきたような。

よし、ここで一気に夫婦間の亀裂補修を終
わらせ、妻ケロと子ケロの心の同時治療に
推移していきたいものである。

ウジウジとまた蒸し返そう。
フリーランスの現行業務は頭打ち状態が
続いて8年目である。
波のある収入に妻ケロは相当参っている。
総合事務のパートが辞められる筈もない。

夫婦関係の改善の突破口はまず、安定し
た収入を確保し、経済的な将来不安を取り
除いてやることであると考えている。

早急に何か動かなくてはなるまい。
よって寝ている間にも色々なプランが生まれ
ては倒れての繰り返しだ。

でも焦るな、いや、ちょっとだけ急げ。

おそらく人生で最後になる賭けとも言えそう
な気がするので、青図は慎重に描こう。
資金的なことは色々考えている。

最近では大手がクラウドファンディングたる
出資サイトを数多く起ち上げている。
確か朝日新聞なんてぇのもやっている。

というわけで、半ば強制的に環境の変化を
余儀なくされている割に、少し楽しんでるか?

心はもう、夏休み三日前の少年と同じだよ。

PS.先日、担任の先生が学校の課題を持っ
   てきて頂いたとき、部屋のドア越しで会
   話が出来るようになった子ケロ。
   次のステップは顔出しだな。

父ケロ