FC2ブログ

知らなかった!

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
02 /28 2017
画材

税理士先生から言われていたことをすっかり
忘れていた!

子供のマイナンバーを連絡しなければならな
かったので、午前中に家に戻った。

いつもなら子ケロは起きてテレビを見ている
はずなのだが、何だか様子が変だぞ。
寝室を除いてみたらまだ寝ているのだ。

すると、家のチャイムが鳴った。
(なにかの営業かな?)

ドアホンをスルーして勢いよく開けると、学校
の担任の先生が立っている。

「ああ!どうも、お世話になっております!」

若干高圧的な眼差しでドアを開けてしまった
ので、慌てて丁重にごあいさつ申し上げた。

「・・あのぉ、お約束の日なのですが・・」

「はっ⁈約束ですか!えぇ~・・・」

どうやら家庭科の調理実習なら教室の授業
よりも参加しやすいのではなかろうかという
ことで妻ケロと事前に画策していたらしい。

そんな訳で、わざわざ学校から先生がお迎え
に来て頂いたのだ。

おそらく妻ケロが午前中の仕事を休み、なだ
めながら背中を押せば違う展開があったのだ
ろうが、あえて今日は一人で対処させたのか。

しかし先生も、行かないことは想定済みだった
ろうが、まさか夫婦間でコミュニケーションが取
れていないうえ、一人きりにしてあったとは意外
だったろうなぁ・・・。

落胆し、トボトボと学校へ戻る先生の後ろ姿に、
深々と頭を下げる私であった。

ああ、今日はいつもよりも帰るのが怖い。
怖すぎるぞ。

父ケロ






感慨の場所

父ケロとして
02 /25 2017
草むらと子供

子供の時分に記憶する感慨深い場所。

そんなことをイメージしながら気軽に子供が集
えるような場所を確保出来ないものかと考えて
いると、つい思い出してしまう話がある。

それは二十五年くらい前。

当時24歳の私は結構忙しく、深夜まで営業して
いる喫茶店にて遅い夜食を摂ることが多かった。
都内の池袋と大塚の境辺りの(あすなろ)という
お店である。

偶然同じマンションに住むスピリークイーンこと、
A上司とも時間を共にさせていただける機会が
多かった。

私が陰でスピリークイーンと俗称を使っている
とおり、型にはまらないお方であり、時間が過ぎ
るのを忘れ、楽しい話を朝方近くまで伺えた。

思い出す話というのは、そのA上司(女性です)
の子供時代の話である。

記憶違いだと申し訳ないのだが、確か個性的な
性格のおかげで親兄弟と衝突することが多かっ
たとかそうでなかったとか。

そんな少女時代に、唯一心が安らぐ最高の場所
があったらしいのだ。

同族か身内かは定かではないのだが、とにかく
血縁関係にある人物が、自分が小学校に通う
ようになったことを喜び、小さな文具店を始めた。

そのお店には少女が喜びそうなかわいい文具が
ならび、時が経つのを忘れるほど入り浸っていた
らしい。

普段はビッとした感じで常に緊張を伴うA上司。
結構勇気や気合いを入れないと話せないお方。

しかし大変失礼なのだが、その幼少期の記憶
を辿りながらの表情は、幸せな笑みを浮かべて
おり、少女時代に回帰したように感じたのだ。

以降、(子供時代の幸せの記憶)のキーワード
で思慮する時には、必ずその少女時代のA上司
の話を思い出すのだ。


この私が少女時代のA上司と同様の幸せな空間
を子供達に提供できるかどうかは分からない。

けれどもしつこく頑張ってみることにしますよ。
あ~BIGでもドカンと当たらねーかよぉ しかし・・

父ケロ


出来ることから

事務所Café
02 /23 2017
図書カフェイメージ画像

ああ、またいけないクセが・・・。

月末の支払い関連と収入確保の事で頭が支配
され、ついつい計画が先延ばしとなってしまう!

今の仕事とは全く毛色の違う図書カフェ構想。
子ケロやそのお友達が遊べたり、人が集える
場所を確保する事をすっかり忘れていた。

これが長年の低迷癖と言うか垢なんだろねぇ。

そうだ、昔チラッと思いついた構想で、事務所と
カフェの併設プランってぇのがあったんだね。

何でも新品で一から始めなくてはならないという
概念にとらわれていたかもしれないなぁ。

業務のクラウド比率を高め、情報漏洩のセキュリ
ティーの管理体制に知恵を絞れば何とかなるか。

安上がりにそれとない雰囲気を作ることは結構
得意の分野であると自負する私。

児童図書等の購入費は将来的にクラウドファン
ディングで募ってみようか。

それにしてもとりあえず今の環境から手を付け、
本気度をアピールせねば出資者など現れまい。

まずは出来ることから始めてみようか。

父ケロ


情操教育の行方

父ケロとして
02 /21 2017
みく (2)

昨年のG・Wの頃。
子ケロの教育係として勤務する猫。
その名はミク。

牛の模様でミルク → ミルクのルを取り → ミク。
子ケロが名をつけた。

実は子ケロが不登校になる前から切望していた。
私は飽きっぽい奴だからと決めつけ、ためらった。
猫は敏感に飽きられたことが分かりそうだからね。

後に婆ケロ妻ケロ【情操教育】を口にする。
けれど【情操教育】ってなんだ?
して、早速調べてみたっけ。

道徳的、芸術的、宗教的などの社会的価値を
もった高次な感情・意志を養うための教育。


調べてみてもいまいちピンと来ない。
けれどなんかよさげなんだろうねきっと。
日中に一人でいるよりはいいかもしれんし。

そんな訳で動物病院の里親募集記事を検索。
当家に勤務し、もうそろそろ10か月が経過する。
勤務状態はとても真面目で子供達に懐いている。

専用のゲージハウス等を用意したが全く使わず、
二人の子供たちと掛け布団をかけて寝ている。
猫って布団掛けて寝られるもんなんだねぇ。

生後50日近く野生で育ったらしく、警戒心は強い。
機嫌がいい時でないと抱っこさせてはくれない。
若干子ケロと似てるかもなぁ。

当初心配されていた子ケロの飽きっぽさ。
今のところ、その心配は無用だったと思われる。
猫関連の買い物で頻繁に出掛けるようになった。

完ぺきとは言えないが、掃除やらの世話もする。
決して嫌々やっているようにも見えない。
それが分かっているかのようにミクもいい子だ。

結果、情操教育が成されているかは分からない。
しかしもしミクがいなかったらと考えると恐ろしい。
恐ろしく感じるということは、大正解だったのかな。

ウチに来てくれてありがとうミク嬢。
そしてこれからも二人の子供をよろしくな。

父ケロ

  



お前もうちの子だよ

父ケロとして
02 /19 2017
fuku.jpg

一昨日の夜。
子々ケロが私に説明する。

「明日ねぇ、フクちゃんがマツコになるんだよ」

「そうだね・・マツコというよりカバちゃんか?」

昨日は当家オス猫の方の去勢手術だった。
一泊の入院を経て、先ほど連れて帰った。

エリザベスカラーという昔のシャンプーハット
のようなものを一週間付けていなくてはなら
ないのだが、これが何とも可哀そうだ。

飯は食いずらい。
水は飲みにくい。
動くたびに何かにぶつかる。

もう一匹のメスの方なんかその異様な光景
にシャーシャー言って威嚇しているぞ。
つい一昨日までくっついて寝ていたくせにね。

人間の勝手な理由で強制的にオペされたうえ
に、やっと済んだらまたこのあつかいである。
ホントにごめんな、痛かったろ。

しかし、家に戻ってからは体全体の震えも止
まり、不自由な状態ではあるのだが、若干嬉
しそうな表情も浮かべる。

こんな家でも自分の棲み処と思ってくれてい
るのかねぇ。
ウチに来てからまだ半年も経たないのになぁ。

病院から借りているこのエリザベスカラーとい
うモノが犬用との兼用みたいで可哀そうだ。
ちょっと待ってろよ。

CMみたいにアマゾンプライムしてやるからな。

父ケロ

     




リテラシー教育かぁ

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
02 /17 2017
 カエルパソ
もう一つのサイト(建物調査のお仕事)。
1,200記事以上を未分類でアップしていた。

ここ数日、カテゴリー別に分別している。
さすがに数が多く、昨晩は帰りが遅くなる。

ここ最近笑顔が多く、安定していた子ケロ
しかし昨日はなんか雰囲気が悪いねぇ。
また妻ケロとやりあったのだろうか・・。

ふとダイニングのテーブルを見ると、待機
ランプの点いたパソがある。
子ケロが電源を落とさず閉じたのか⁉

(あちゃぁ~、すっかり忘れていたよ)

昨年、突如学校に行かないと言い出した頃、
当然色々と思い当たることを考え抜いた。

当初、咀嚼(そしゃく)しきれていない言動に
違和感を覚えたので、リテラシー教育の行き
届いていない環境下でのインターネットの閲
覧に一要因があるのではないかと考えた。

そして適当な理由をつけて、自宅パソを事務
所に置いておいたのだ。

しかし先日、パソでしか開かない自宅で使用
するデータを閲覧するために持ち帰り、不覚
にもそのまま置きっぱなしだったのだ。

推測だが、また1年前のように日中をネットの
閲覧で費やし、朝起きたままの格好でいたの
かもしれないな・・・。

先に学校や仕事から戻った子々ケロ妻ケロ
の脳裏に1年前の嫌な記憶がフラッシュバック
した可能性がある。

またまた失態であった・・。
しかし、この先ずっとネット環境から遠ざけて
おくことは不可能だよ。

何せネットが未成熟な子供にとって害悪であ
ることも正確に立証されていないしな。

そのうちお友達もみんなスマホを持つように
なるんだろうし、うちだけダメってぇのも・・。

誰か尾木ママ紹介してくれないかなぁ・・。
そんな現実逃避にふける夜でした。

父ケロ

   

アンビバレントチョコ

父ケロとして
02 /15 2017
チョコ

毎日毎日、仕事帰りに頼まれたチョコ材料。
やれ黒だの白だの、チョコペンだの・・・。

五十路に近いオヤジが手作り材料を手にし
てレジに並ぶ身にもなっておくれよ。

んな訳で今年はトリュフに挑戦の子ケロ

確か去年は不登校デビューの時期と重なり
果敢に挑戦していたイメージはなかったが。

今年は時間が有り余っているせいか、凝りに
凝ったこだわりようである。

お友達の分だけかと思っていたら、酒のアテ
にと、私の分のチョコレートを出してきた。

・・・なんだぁ、めっちゃ嬉しいやん‼

思わずこぼれる笑みを隠せない私。
早速食べようとすると子々ケロが横に。
そしてニンマリ笑顔で子ケロも離れない。

結局三人で分け、チョコは一瞬で無くなった。
しかしその一瞬の儚さが良かったのか。
意外にもちゃんとトリュフしていて美味かった。

さすがに時間があるから勉強したか?
そう言えばもっと大量にチョコ買ったよなぁ。
失敗を重ねて出来上がった至極の5粒かも。

ありがとうな、本当に美味しかったぞ。

これからはもっと行動範囲を広げ、ちゃんと
恋でもしておくれ。
そして本命チョコを食わせてやりなさいな。

父ケロ

透明の糸

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
02 /13 2017
たぶんバク

最近の私と妻ケロ。

子ケロの不登校の原因に険悪な夫婦関係が
起因している可能性が極めて高いと認識した
ので、努めて大きな喧嘩を見せなくなった。

しかし喧嘩を避けるという行動の距離感とい
うのは傍から見れば、なんかこう冷たい空気
が流れるのではなかろうか。

めずらしく、インドアな子ケロの提案で、昨日
は近場の動物園(ズーラシア)に行くことに。
子ケロなりに何らかの責任感が芽生えた可能
性がある。

(なんか嬉しいじゃあないか!)

写真は子々ケロが私のスマホで撮ったモノ。
しかしどーなっているんだ最近の子供は。

ズームやらホワイトバランスやら、私の知ら
ぬ機能を器用に指先で操るから恐ろしい。

(私たちはスマホと生きてゆく)みたいなCM
がやっていたけれど、あれ、本当かもなぁ。

園の中は晴れてはいたが結構寒かったナ。
極寒の中、閉園時間までを皆で過ごした。

帰りの車中、子供達の表情や発言を思い起
こしてみると…やはり、そんなに動物園なん
かに行きたかったわけではなさそうだった。

やはり子供たちは乖離著しい夫婦関係を修
復しようとしたに違いない。

小さな子供たちがとった危機回避行動に感
動すると同時に申し訳ない気分に襲われた。

目には映らないが、家族を結ぶ糸はまだ存
在するのかもしれないと感じた一日だった。

父ケロ

PS.この見えない糸の存在を感じた理由は
   他にもある。
   遠縁の知り合いが美術関連のアーチスト
   として活動していることを今日知った。
   もらったサンプル画像には優しい動物の
   イラストがあったのだ!
   これって立派な動物繋がりじゃないか!

 emisイラスト1

   こちらは完全ハンドメイドのぬいぐるみ。
   もしかして一生モノかもしれぬ・・・。
  
  emisカメヲトウーサン
   
  下記URLをタップで他の作品も見られ
   ますので、ご興味のある方はどうぞ。
   リンクの小窓にも貼ってあります。

   https://www.iichi.com/shop/okamesha
   https://www.creema.jp/c/okameotome

  子ケロ監視用で飼い始めた二匹の猫の
  画像でも送ってオーダーしてみようかな。
  その前にオーダーって出来るんだろうか?

  

せいては事を仕損じる

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
02 /11 2017
散歩親子

子ケロは最近本当に知恵がついた。

カウンセラーに会いに学校に行った報告を
私に嬉しそうに教えてくれたとき。

私はここぞとばかりにたたみかけて大失敗。
その後、あまり学校に関連する話をしない。

(コイツに話すと囲いにかけてくるからなぁ)

そんな感じなんだろうか。
そりゃあそうだろう。

「学校に行こうが行くまいが元気ならいい」

なんてさぁ、不登校関連の本読んでついつい
分かった気になっていたよ。

がしかし全く機能していなかった訳だな。
ちょっと学校に行ったと聞いただけで我を忘
れて息が荒くなっていたかもしれない。

でもさぁ、ものすごく嬉しかったんだよ。
学校に行ったことよりもさぁ、その事実を嬉し
そうに語っているもんだからさぁ。

親ばか全開で申し訳ないが、はにかんだ顔
は結構カワイイんだぞ、お前。

父ケロ

PS.今日は先輩に教えてもらった三国志の
   漫画やSFの本の広告を貼ってみます。
   先輩曰く、子供の頃に読むとIQが高くな
   ると言われているみたいです。

  

備えあれば憂いなし

父ケロとして
02 /09 2017
子ケロ新生児時代

これ、子ケロの新生児の頃の写真である。
ばぁちゃんがフィルムカメラで撮ったモノ。
肖像権(?)の観点で♡マークを入れといた。

もう一つの(建物調査のお仕事)というサイト
でも触れているのだが、昨日、仕事で使った
【ナカバヤシ フォトレコ】という機械で数年前
にネガをデジタルデータに変換したモノだ。

時折、自分一人で自然に大きくなったような
生意気な口を叩いた時、スマホの画像を本人
にあてがい、反省を促すときに使っている。

後のパソのディスプレイに映っているモノは
ネガフィルムから読み込んだ生データ。
手前のスマホに映っているのはスマホ用に
データ変換し取り込んだ同じ写真である。

フォトレコちゃん

写真では分かりにくいと思うが、手のひらに
乗ってしまうほど小さな機械なのに、実力は
中々のモノ。

ネガフィルムや写真そのものをローディング
(スキャニング)し、SDカードに読ませる。
そのカードをパソに入れて保管したのだ。

キッカケは某役所の依頼で膨大な量のネガ
フィルムや写真をデジタル化する仕事をした
時、同様の機能を果たす業務用の機械を導入
した時までさかのぼる。

じつはこの業務、東日本の津波被害の後に
発注された仕事だった。

ご存じのとおり、役所から民家に至るまでが
津波にのまれ、過去の貴重なデータが流され
紛失してしまったらしいのだ。

この仕事をキッカケに家庭用のコンパクトな
機械を探し、自宅の昔の写真やフィルムなど
をすべてデジタルデータ化したのだ。

写真本体が汚れていたり、ネガにカビが生え
ていても、取り込み後に簡単に修正できる。
生データは頑丈なHDDなどで保管しておき、
パソやスマホへコピーしておけば万一の時に
でも、いずれかのデータは残っているだろう。

それでも不安な人はクラウドにデータを預け
るなんてぇのも有りかも。
私は流出が怖いからそこまではしていない。

でもこの作業、とてもいい作業であると思う。
初々しい過去の自分達との対話が、現在の
自分達のこれからに活きてくるような・・。

最悪、妻ケロに棄てられ別れても、記憶だけ
は手元に生きているといった利点も有るか⁉

大昔の大きな写真なんかもそのままイケる
タイプも出ているみたいなので、興味のある
方は調べてみて下さい。

本日は今日認証が下りたばかりのアマゾン
の広告リンクを貼ってみます。
数千円から数万円まであるかと思います。
業者に高い金払って頼むより自分でやった
ほうが楽しいですよ。

タップで商品詳細画面にジャンプしますが、
いきなり購入にはなりません。
検索バーに(フォトレコ)と文字を入れ検索
すれば色々な種類が見られますョ。

ご購入頂いた方は取り込む前にご連絡を。
取り込むときに若干のコツがあり失敗すると
写真やネガを痛める可能性がありますので。

不安な時にはメールフォームからお問い合
わせくれれば返信いたしますョ。それでは。

父ケロ

    




まるで一輪車だな

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
02 /07 2017
一輪車

あと二ヶ月もないうちに小6かぁ。
早くもお受験準備が始まる子もいるよな。
春からは忙しくなるお友達もいるだろう。
昨年からあらかじめ分かっていたことだ。

「去年のように頻繁に遊びには来れんよ。」

先月、子ケロにはそれとなく伝えておいた。
案の定、子供用携帯のメール着信音も少な
くなってきたか。

本人も何となく寂しさを感じたのか、先週の
土日は機嫌が悪く、外食に連れ出すことに
失敗してしまった。

そして昨日の夕方は区から派遣されている
カウンセラーさんとの面会日だったみたい。
(最近私には面会日の情報が下りて来ない)

「今日ねぇ、学校に行ったんだよ」

本気で知らずに帰った私に向かい、子ケロ
から放たれた信じられない言葉‼

「ええっ⁉ なに・・そーかぁ‼・・へ~っ・・」

「でも授業じゃないよ、カウンセリングだよ」

「ああっ・・でもま~・・なぁ~・・はははっ」

そしてここで禁句を抑えられない私だった。

「でも行ってしまえば楽勝だったろ!」

「・・・う~ん・・・どうかなぁ・・・」

「よっしゃぁ!じゃあ毎日遊びに行けよ!」

「・・・(無理無理のジェスチャー)・・・」

(いかんいかん、焦るなよクソオヤジ)

そう心に言い聞かせ、それ以上はこの話に
触れるのをヤメといた。
何となく嬉しそうな顔していたからいいか。

一進一退を繰り返す子ケロの毎日。
小さな達成感をつなぎ合わせ、自信をつけ
てほしいなぁと強く願うのだった。

父ケロ

PS.昨晩、低学年時分に校庭で一輪車に
   乗っている子ケロの姿を夢に見た。




賑わってるなぁ・・

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
02 /06 2017
カフェチャノマ

昨今流行りの親子カフェ。
横浜赤レンガ倉庫の2階にあるらしいので
家族で行く前に覗きに行ってみた。

カフェチャノマ2

いやいや、ものすごく賑わっていて入れん‼
写真を撮ろうと考えたけど怪しいからヤメタ。
したがってホームページからの無断コピペ。
(ゴメンナサイ)
今度平日の早い時間に行ってみようか。

しかし立地条件が整いすぎているというのも
大変だなぁ。
人生賭ける勢いで相当本腰入れないとヤバ
イ感じがするよなぁ。

もちろんコンセプトが親子カフェだから図書
カフェとは客層や混み具合も違うのだろうが
緊急避難場所としてはちょっとマイナー感を
重視してもいいのかもしれない。

けれど全く客が入らなければ経営も成り立
たないしねぇ・・・。

まだまだ下調べは続きます。

PS.昨日は妻ケロの友達親子が遊びに来た
   ので、皆で家の近くのカフェに行くこ
   とになった。
   しかし、誘引の仕方が雑だったせいな
   のか、子ケロだけ家でお留守番となっ
   てしまった。
   最近落ち着いていただけに、ちょっと
   こちら側に油断が生じているようだ。
   大変だね、しかし。

父ケロ



プローブタイム

父ケロとして
02 /03 2017
図書カフェ2

いい感じの図書カフェだなぁ。
緊急避難場所構想にピッタリだよ。
このいい感じってぇのが肝だったりもする。

ネットの中で妄想にふけっていても始まらん。
最近多くなってきた図書カフェを体験しよう。
(フォトアップの店はイメージで拝借)

要はゆっくり出来て本が読めればいい。
いいや、そんなことはないよ決して。
趣きや雰囲気って外せないでしょ。

あの場所に避難したい。
あそこで時間を過ごしたい。
あそこで考えたい。

結構あの時あの場所とメモリーされる事って
多い気がする。
特に若年層はねぇ。

ちょっと土日に出掛けてみようか。
一見は百聞に如かずってか。
簡易アップでゴメンナサイ!

父ケロ

朝日新聞社が運営するクラウドファンディング!【A-port(エーポート)】