FC2ブログ

怒りの代償

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
03 /21 2017
ゴジラ画像フリーで検索

タイトルどおり、またやらかしてしまった。

さかのぼること一昨日の話。

子々ケロの祝い事でお出かけの日。

本人は前日から興奮気味で楽しみにしてい
た家族のお出かけである。

妻ケロ子々ケロの三人は準備完了。

前フリで若干気にはなっていたが、子ケロ
支度が遅いなぁ・・嫌な予感だ。

自分がメインのイベントでないと普段からス
ローリーなのに、その行動は拍車をかけて
ノロノロの愚図になる子ケロ

子々ケロと二人、車で待つこと30分。

とうとう連れ出すことにギブした妻ケロ

先日の誕生日に買い与えたゲームに夢中で
「行かない」と言い出したらしい。

子々ケロはもう泣き出す一歩手前だ。

「連れてくるならそーするけど?」

妻ケロは首を縦に振る。

下の子の悲しそうな顔で心が支配され、怒り
を制御する余裕を失った

少々荒っぽかったかもしれないが、コンセント
からコードを引き抜き、固まる子ケロを担ぎ、
車に放り込んだのだった。

その乱暴なやり方にヘソを曲げた子ケロ

お出かけ先の駐車場で車から1時間も出てこ
ない事態に発展した。

結局は観念してイベント会場に行くのだが、
終始「帰ろう」のセリフで家族は意気消沈。

そして昨日の事。

祝日は出勤の妻ケロ

出掛けに二人に声をかけるが、ゲームに夢中
で返事もしない。

ため息交じりでそっと出かける妻ケロ

もヤボ用で事務所に出掛ける予定だった。

身支度中でタイムリーに二人を叱れなかった。

そして私が出掛ける頃にちょうどお友達がウチ
にやって来て、皆でゲームに興じている。

多少大きめの声で二人に声をかけるが、思った
とおり、皆でゲームに夢中だ。

(両親がこいつらのために働きに出るのに)

そう思った瞬間にもう堪忍袋の緒は切れるのだ。

「てめぇら大人をなめてんじゃねーぞこら!」

祝日の住宅街に私の怒鳴り声がこだまする。

楽し気な空気は一瞬にして凍り付くのだった。

手こそ出さないものの、その怒鳴り声は自分で
も驚くほどの声量で、言葉の暴力そのものだ。

せっかく不登校児の家に遊びに来てくれる貴重
なお友達はびっくりしただろうなぁ。

(もうウチには来ないかもしれない)

事務所に着き、クールダウンしてそう思った時、
怒りの代償は高くついたことに気付いた。

ああ、引っ越しでもしようかなぁ・・・

父ケロ