FC2ブログ

灯に誘われて

ミシン
05 /11 2017
188u.jpg

同僚が帰った後の事務所でひとり。

先日引き取ったミシン灯を点けてみます。

(電球の灯はまるで焚火のようだなぁ)

そう言えば生まれ育った団地の台所の灯は
電球でした。

台所に立つ母親の後ろ姿が恐ろしいほど鮮
明によみがえってきます。

湯がいたブロッコリーの湯気と電球の灯が
幻想的な模様を描き出していましたね。

昔の電球は粗悪だったのか、換えても換え
てもよく切れたし、真夏には焼けるような
熱さだった・・・ってぇ、これも熱ぅっ!

早速文明の利器であるLED球に換えてみる
ことにしました。

もちろん電球色でレトロ感をしっかりと継続。

電球交換だけでなく、レストアや調整、そし
て何よりも使い方をマスターして子供達に教
えてやらねば!

この先の将来、子供達の電球の灯の記憶は
このミシンになるんでしょうか。

父ケロ