FC2ブログ

衰退でなく発展、終わりでなく始まり

父ケロとして
08 /20 2017
th[2]

子供の不登校がはじまってから約二年。

愛情たっぷりの真面目な妻の精神が乱れ、
不安定になってからは約一年。

同僚に頭を下げ、遠方現場や時間的拘束
性の高い仕事を断る決断をした当事務所。

業界内では末端も末端の極小事務所です
から仕事を干されても文句は言えません。

難易度の高いミッションを軽い身のこな
しで短期で納める能力や精神力は今でも
衰えていないと自負しております。

がしかし、業界内末端の2名の調査チーム
が仕事を選ぶことなど許される筈もなく、
従来から業務委託を頂いていた元請さん
からの今年の発注数は何と1~2本です。

借金を重ね同僚と自分の給料分を補てん
しながらの毎日に限界を感じ、業種転換
に苦しんでいた今年の3月か4月頃。

同僚の帰った事務所でひとり。

たまたまつけたネットラジオに引き込ま
れ、しゃくりあげながら号泣しました。

その時の記事 【2017・4・3】北村・・
http://datalink2.jp/blog-date-201704-1.html

この無告知ブログをどーやって訪問して
くれたのかは分かりません。

実名を挙げてタイトルを入れてしまった
ので、ワード検索でヒットしてしまった
可能性が高いですね。

先月末にご本人様からコメントが送られ
てきたのを、約一月経った本日気付いた
のです。

勝手に実名や写真をアップしてしまった
失礼さを咎められる事もなく、新たに始
まるラジオ番組で声が聴けることを教え
て頂きました。

なんとまぁ、とてつもなく寛大な方です。

この方の声を聴いた日から徐々に逆恨み
的な小さな調査屋稼業に関連する事柄に
思慮する時間が減少しました。

ライフワークのプライオリティについて
照らし考えてみると、衰退一途の調査屋
稼業の未練や心無いコーディネーターへ
の恨み節思想から解放されてゆく不思議
な感覚です。

ここ数年、街中で見かける障害を持つ児
童のデイサービスというパートを始め、
金銭的には相当苦しい状況にあるにも
関わらず、(やりがい)を感じる仕事に
出会えたのは、もしかしたら北村さんの
ラジオを聴いた事がキッカケかも知れま
せんね。

衰退や減退、恨み節などのネガティブな
印象の状態が一転し、終わりではなく始
まりを迎えた発展した状態に進化したの
だと考えられるようになったのです。

しかし、もっと遡れば子供の不登校現象
自体がこの感覚を与えてくれたのかもし
れません。

生かされる人生を捨て、生きる人生に
軌道修正してくれた子供に感謝します。

しかし私という人間は・・・

どこまでもポジティブな輩でございます。