FC2ブログ

機能しない色眼鏡

児童デイサービスパート
09 /28 2017
matusigesan.jpg

いきなりフリー画像コピーでのアップです。

ひと月が経過したデイサービスパート。

悪い癖は健在で覚えなければならない業務
よりも、そこに集う方々の人物考察が先行
してしまい、真剣に取り組んでらっしゃる
職員さんにはご迷惑をお掛けしております。

自分の生きてきた環境は想像以上に閉鎖的
であり、自己判断の行動が客観的には利己
的なそれであっても、指摘や助言を得られ
るようなオープンな環境ではなかったのだ
と痛感致しております。

よく平気で(社会通念)などという言い回
しを使っていたものだと赤面の嵐ですね。

そんなことを思慮させる事態は先日の話。

十名ちょいの職員さんに教えてもらいなが
らの毎日で、それぞれの方々の人物像を自
分なりに想像し、今後のお付き合いのため
の距離感を測ります。

当然ながら思い込みや誤解の色が付くので、
日々その色合いや模様も変化してゆきます。

しかしその中で一人だけ無色透明の方がお
りました。

勝手な妄想を抱こうにも壁は厚く、情報量
が少ないせいか、全くその人物像をカテゴ
ライズすることが出来ないのです。

いくら色メガネをかけてみても無色透明な
ので、全くアレンジのしようがありません。

その方が来月初旬で退職する事を聞いたの
はつい先日の事。

自分の中での人物像の入力タスクを終えぬ
まま残念なことに疎遠になってしまいます。

何でも結構本格的な音楽をやっていると聞
いたもので今日は久々の検索ちゃんですョ。

ユーチューブやブログでも盛んに活動内容
が記されておりました。

(へ~中々いい感じじゃないっすか・・)

音楽活動の軌跡を拝見させてもらいながら
思った事。

どうりで人物像がハッキリしない訳ですよ。

同じ場所で同じ仕事をしながらも、見えて
いる景色はまったく別物なんですから。

二つの異なる生きる(生きたい)舞台で同
時上演されている演目が互いの情報を知り
得ることは不可能ですよね。

無色透明のわけ。

単なる職業観の捉え方が別世界だっただけ
なんですね。

しかし活動継続のカギは人気商売であるこ
とが必須であると思われる音楽活動。

その活動まで無色透明ではもったいない!

ただ表現する事だけで満足している軽音部
レベルでもないような印象もありますので、
ここはひとつ、申し上げたい。

せっかく表現者やっているのならちゃんと
教えといて下さいよ!

一人の人間の応援力をナメてはいけません。

その拡散力はあなどれませんぞ!

こんなことを考えながら頭をめぐるセリフ
はただひとつ。

(それさぁ・・早く言ってよぉ~)

9月もイベント目白押し

児童デイサービスパート
09 /25 2017
原鉄フォト

通称(原鉄館)という鉄道模型の神様と呼ば
れる方の展示場が快適な空調管理のもと、ま
たもや家のそば(高島町)にあることを知り
ました。

(すごいなぁ・・この企画力)

館自体も素晴らしいのですが、児童達を釘付
けにさせるスポットを探し出すこの企画力が
素晴らしい。

数多い職員さんの何方かがリサーチしている
のでしょうか?

先週の土曜日も児童デイサービスのお出かけ
イベントの送迎やカメラマンとして参加させ
ていただきました。

商売ばかりに勤しんできた輩には想像できな
いアンテナをお持ちのようですね。

ある程度の従属年数を重ね、感性を鍛えるこ
との大切さを学びました。

いくつになっても日々バージョンアップする
ことを忘れてはなりませんね。

それでは、また・・



安全安心ファースト

児童デイサービスパート
09 /22 2017
駐車場安全対策 (3)

人生50年。

振り返れば様々な業界にお世話になっている
ことに気付きます。

企業体はとかく直接利益に絡まない出費を嫌
うのは当然のこと。

雇用を守る観点において、それは何ら疑いを
持つような考え方ではありません。

デイサービスパート先もサービスと名の付く
以上、営利団体であることに間違いはなく、
お金の出てゆく話には難色を示すのだろうと
考えておりましたが、その認識は誤りでした。

これから迎える冬季に向け、事業所の駐車場
の接触事故を未然に防ぐため、張り出した工
作物の夜間の視野認識を高めたいと、所長が
予算をスピード確保したのです。

所長の考えでは、張り出したブロック塀の控
壁に反射鏡テープを貼り、車両や児童の接触
事故を未然に防ごうという事でした。

(仮称)設備部の私としては過去に似たよう
な工事を経験したこともあり、フォーシーズ
ンを通してその劣化に耐えられる反射テープ
の存在を知っておりました。

アスファルトやコンクリートにガッチリ貼り
つく分厚いパテのようなテープです。

せっかく施工したのに、一年ももたないので
は所長の善意にケチがついてしまうと感じた
もので5mで2,000円の高出費にはなります
が、高耐久性を発揮する施工を目指そうでは
ないかと考えました。

駐車場安全対策 (2)

大体すぐに剥がれ落ちてしまうのには理由が
あります。

それは貼られる側の下地処理なんですよね。

同僚と事業所駐車場に道具を広げ、ブロック
塀の汚れを洗浄し、乾いた後に水性シーラー
を塗布します。

駐車場安全対策 (1)

余計なところには塗らないようマスキングも
忘れません。

駐車場安全対策 (5)

乾いては塗り、を3回繰り返します。

駐車場安全対策 (4)

シーラーが乾いてからテープを貼ります。

ゴム板を充て若干潰れるくらいのイメージで
ハンマーで叩きます。

ことわっておきますが、この毛むくじゃらの
腕は同僚の腕ですよ。

まだ全部の作業は完了していないので、出来
ましたらまたご報告いたします。

デイサービスという職業柄の成せる業なんで
しょうか?

思い立ってから数日で予算を確保し施工指示
をしてしまう所長の決断実行力には驚きます。

普通の企業ではボールペン1本の予算を通す
のにも1週間はかかるのが当たり前なご時世
なのに・・

児童やそこに集う職員の安全に関しては迅速
に行動し実現してしまう業界なんですね。

それでは、また。


復調の兆し

児童デイサービスパート
09 /18 2017
子供フォト

減収益著しい状況下において雇用継続が厳
しくなり、先月から異業種他社にバイトに
出てもらった同僚。

フルタイムの再就職と違うので住宅ローン
や妻子を抱えての四十路の男には収入的に
厳しい現実であることは分かっていました。

だって私も同じ立場ですからねぇ・・

(一年近くも借金で給与を支払っていた事実
を本人も分かっているので、恨まれる筋合い
はなかろう。一日でも早く辞職勧告し独り立
ちしてもらいなさい。)

援助をして延命処置をしてくれる身内からの
条件にはそんな通達が。

社会通念上で考えれば、確かに過保護な環境
でいたずらに時間ばかりを浪費していた現実
を否定できません。

過去にも前雇用者が雇いきれなくなって三度
も同業他社にあてがわれた経験のある同僚。

そのうちの一人の元経営者なんか未だに給料
の未払いがあるらしいですよ。

職業選択の自由の権利は彼の手中にある故、
最終判断として選択し、働いていたのは自分
自身なので、文句は言えないのでしょうが。

(給料が払えませんのでハイ、さよなら)

これって何か違うような気がしてなりません。

また、同業他社に押し付けて胸を撫で下ろし、
肩の荷が下りたってぇのも違います。

私の最も嫌う、過去のクズ経営者共と同じよ
うな轍を踏むわけにはいきませんでした。

そんな訳で社会貢献度の高さや従事し得られ
る幸福度の高さ、将来性のある仕事を探しあ
て出会った児童デイサービスのパート。

その事業所が10月に拡張する情報を入手しま
した。

なんとその新事業所は同僚の最寄り駅で開業
するのです。

本人にはピンとこないのでしょうが、決して
子供受けは悪くないと思われる同僚。

本人に打診してみると、意外にも難色は示し
ませんでしたので、私の所属する事業所の所
長にお願いし、面接することとなったのです。

そして実はもう面接をパスし、試用期間とし
て数回の業務に顔を出しております。

トレーニング期間中は私と同じ事業所でトレ
ーニングをするので、何か妙な感じです。

彼がこの先、この職場で正職員としてやって
いくのかどうかは分かりません。

本人のやる気なんて分かりませんしね。

事業所の雇用判断もありますしね。

しかし児童にせがまれ、初日から馬乗りを強
要され、汗を掻く彼の姿に、希望の轍が見え
たのです。

さて、彼に負けないように頑張らないと・・

今日も私は事業所カーのメンテナンスに勤し
んでおります。




雨の日も悪くない?

児童デイサービスパート
09 /17 2017
リアフェンダー研磨中 (1)

連日のデイサービスパート。

昨日はテーマパーク型レストランへの送迎と
ブログアップ用のカメラマン。

中々どーして体力の低下は著しい状態です。

お陰で今日は久々の朝寝坊でした。

しかし復旧を約束した手前、送迎車のフェン
ダーが外れたままというのは精神衛生上好
ましくありません。

せっかく大雨なので、事務所にてひたすらに
研磨作業をしております。

リアフェンダー研磨中 (2)

軟質素材の接着剤の能力は逞しく、乱暴にい
じくりまわしてもガッチリとくっついており
ますですよ、ハイ。

切り裂けて痩せてしまった部分にも軟質エキ
ポシプラパテがしっかりと食い込んでいるみ
たいでホッとしました。

やはり塗装工程でもパテ盛り工程でもサフェ
ーサーって必要なんですね。

この粗削りの工程が一段落したら、薄付け用
のプラパテを乗せ、また更に研磨作業に入る
予定です。

雨音に包まれ、一心不乱に削りを入れるこの
地道な作業。

先週一週間の出来事が頭をめぐり、言動の反
省をしっかりと胸に刻みます。

そう考えると、雨の日も悪くはありませんね。

それでは、また。




文明の進化

児童デイサービスパート
09 /17 2017
step w (1)

デイサービスカー補修の追記です。

これは昨日の作業内容です。

亀裂の入ったフロントスポイラーを研磨して
素材に合わせた特殊なエポキシ樹脂を塗り、
繋ぎ合わせ、強度を確かめます。

そしてまた更に大きめに研磨しサフェーサー
を塗布して硬質エポキシプラパテを塗布。

それぞれの硬化時間が一昔前ならば1週間は
必要なのに今の時代は24時間でOKです。

先ほど確認しましたが、ガッチガチで痩せも
ほとんどありません。

ここまで痩せないのならもっと薄塗りすれば
良かったと後悔しました。

研磨時間が大幅に短縮できますからね。

step w (2)
step w (3)

少しわかりにくいとは思いますが、外したフェ
ンダーも裏表に同じ処理を施します。

あとは研磨&塗装で完了ですが、耐熱両面
テープを貼る場所の下地処理が肝ですね。

ここで戻した時のクオリティが大きく変わりま
すので。

しかし楽チンになりましたね。

この度の失態により得た事。

補修材の進化でしょうか。

この時短はものすごい事ですね。

それでは、また。

クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)

余計な経験など無いのでは?

児童デイサービスパート
09 /17 2017
step w (2)

この写真、デイサービスパート先の車です。

左リアフェンダーカバーを外しました。

なぜかって・・

先日とてもタイトな駐車場出口を出るときに
ミラーをたたんで出ましたが、左にハンドル
を切ったときに、内輪差でベランダの支柱に
ヒットさせてしまい、バキバキに切り裂けて
しまいました。

昔のFRP製フェンダーカバーならば真っ青
になる所ですが、これは最近の車によくある
ウレタン製です。

子供の頃には近所の車の修理工場で無償での
お手伝いをした経験があります。

停めてあるポルシェの写真を撮らせてもらい
小遣い稼ぎをしたかったのです。

いわゆるスーパーカーブームでしたから。

けっこう派手に切り裂けたので、何事かと見
に来た職員さんも驚いておりました。

しかし当事者の私はそんなに慌てません。
(所長、ごめんなさいね)

step w

元々割れていたフロントスポイラーも一緒に
直してしまえ!的なノリで、逆にワクワクす
る感覚を覚えます。

現本職である調査屋稼業においても、中古で
買った車のウレタンバンパーを自分で直した
経験があります。

調査宅に伺う車がボロだと対象家屋の住民さ
んに要らぬ不安感を与えかねないもので。

同僚には仕事中に何遊んでいるんだという白
い目で見られておりましたが、こーいう事な
んですよね。

スピッツの昔の歌で(余計なことはしすぎる
ほどいいよ)という歌詞があったと思います
がその通りだと実感しました。

当事者でありながら太々しい事実はさておき
普通は数万円単位で修理代が飛んでいくので
すが、ここはひとつやってみようではありま
せんか!

すごに経過報告でアップしますね。

それでは、また。


パートの副産物

児童デイサービスパート
09 /10 2017
みなみ台ログハウス

この写真は自宅から程近いログハウス。

バリアフリーのこの建物はとても工夫が
なされており、子供達が存分に楽しめる
最高の場所ではないでしょうか。

実は昨日、学童デイサービスの送迎ドラ
イバーとブログアップ用のカメラマンと
して参加させてもらったのです。

みなみ台ログハウス内観

色々な児童支援デイサービスの児童達や
一般の児童がワイワイキャーキャー興奮
しながら思いきり楽しめます。

炎天下とはいえ、秋の風が吹き抜けてお
り、暑すぎず寒すぎず、時期的には最高
なのではないでしょうか?

体力的に自信のある子は時間内をノンス
トップではしゃぎまわり、インドアな子
は読書スペースや巨大黒板でお絵描きな
どで過ごせます。

しかし指導員の先生方はすごいなぁ・・

児童達とフルタイムで一緒になりはしゃ
げるのだから。

利用料金はたぶん無料か有料であって
も数百円といったところでしょうか?

まぁ利用予約は必要なんでしょうが。

このような施設は横浜市だけでも数多
く点在しているとの事。

一体いつ頃から増殖したのかは分かり
ません。

児童達の溢れんばかりの笑顔がコンセ
プトの秀逸さを表しております。

(やるなぁ・・行政のプランナーも)

そう思いながら、あっという間の2時間
を過ごさせてもらえました。

自宅から車で10分のところに子供が喜
ぶ施設があるなんてねぇ・・

決して高給とは言えないこのパート。

しかし子供を喜ばせるプロのアイディア
が学べるので、精神的には満足しており
ます。

手にしているもの

児童デイサービスパート
09 /06 2017
花火

昨晩スピリークイーンこと元上司から突然
花火や滝、愛猫の動画が届きました。

文章の無いその構成に勝手なストーリー
を描きながら自分なりに咀嚼(そしゃく)
してみました。

遠い日の輝きに満ちた夜空の花火。
しかしその輝きは一瞬で失われます。
激しく水面を打つ長尺の滝。
まるで修行僧になった気分です。
そして緩やかに優しく落ちる別の滝。
それは打たれるというよりも、見て感じ
るといったような傍観的な印象です。
激しく打たれ傍観視に至る浄化の過程を
表現してくれているような・・
そして〆は子供の時分の幸せな時間を思
い出しているかのような、前足でぬいぐ
るみを揉んでいる猫。


豊かさとはもとより、身近な場所に存在し
ていて、記憶の中に紡がれているものなの
でしょうか?

稼ぎも無いのに毎晩飯を出してくれる妻。
父親らしいこともしていないのに笑顔で迎
えてくれる子供達。
困った時だけ連絡する身勝手な私の身を案
じ、援助や連絡をしてくれる親族。
弱った時を察して連絡をしてくれる諸先輩
や友人。
給与が出せず、他に働きに出てもらってい
る同僚。
素性も知れぬ私に笑顔で接してくれるパー
ト先の先輩方や児童達。
いつもくだらない話に付き合ってくれる隣
の整体院のエビ先生。


経済的には困窮の極みですが、今私が手に
している 【 しあわせ 】 です。

それではまた。


開眼する毎日

児童デイサービスパート
09 /04 2017
三菱みなとみらい技術館 (5)

放課後デイサービスの送迎パートに出て以来、
自分の住む横浜の地には子供達が喜びそうな
スポットが数多く存在することに気付きます。

先週の土曜日。

児童とサポート職員さんを乗せ自宅から15分
の程近い場所にある三菱みなとみらい技術館
へと行って参りました。

三菱みなとみらい技術館 (4)
三菱みなとみらい技術館 (3)
三菱みなとみらい技術館 (1)

私が所属するデイサービスの活動主旨の概略
にはこうあります。

授業終了後や学校が休みの日に生活能力向上
のために必要な訓練、社会との交流と促進、
その他の便宜を供与する・・

思い起こせば私も父や母に色んな所に連れて
いってもらいました。

海の広さや潮風の匂い、山の木々の音や川の
水の冷たさ、遊園地や映画館での色々な家族
模様など、数え上げたらきりがないほど。

決して豊かでは無かったとしても、経験値を
増やすための工夫を凝らし、親なりに知恵を
しぼってくれたのだろうと推測されます。

その有難い経験や体験が礎となり、文章から
思い描くイメージは、どれも子供時代に体験
させてもらったことばかりですよ。

はて・・私は自分の子供に対して何が出来て
いるのやら・・

経済的な理由で知見を狭め、可哀そうな思い
をさせてしまってはいないだろうか?

本業である調査屋稼業の稼ぎがサッパリなの
で、苦肉の策として始めた児童支援サービス
パート。

専業で職種替えするには正直、乗り越えなけ
ればならないハードルが数多く存在します。

その経済的な安定性を得るためにはどれだけ
の時間が必要かの概算の見通しはたちません。

その間に子供たちはどんどん大きくなります。

せっかく子供の成長をサポートできる職種に
携わることが叶ってますのでここはひとつ、
その知恵を拝借し、子供を外へ連れ出そうで
はありませんか。

ズーラシア

減収益著しい事務所を潰さずに支援してもら
っている親族には申し訳ない気持ちですが、
昨日一日は子供たちを近場の動物園に連れ
出すことに。

結局夏休みにはロクな体験を提供できません
でしたから、その償いとも言えましょう。

不登校の上の子のお友達のおかげで公務員
パスが利用でき、数百円で子供と大人が一日
レジャーを楽しめます。

写真は下の子が体験したラクダ乗り体験。

これから先の未来、この子がラクダと耳にすれ
ばこの日の記憶がめぐるんでしょうか。

デイサービスパートでの勉強を活かし、私が親
からしてもらったとおり、出来る限りの体験を
させてあげなければと思った一日でした。

これからの雇用

父ケロとして
09 /01 2017
サメの餌付け

今年4月の有効求人倍率がものすごいことに
なっているみたいですね。

1.48倍ですかぁ・・

1990年7月のバブル期が1.46倍ですから・・

なんと、バブル期越えじゃぁないっすか!

1.48倍ということは・・

求職者100人に対して148人分の求人がある
状態ってぇことですよね。

何でも1974年2月以来、実に43年2か月ぶり
の高水準ですって。

伸びた業種は運送や郵便、製造、建設、サー
ビス業で卸売や小売は減少。

完全失業率は2.8%で3か月連続で横ばい。

正社員の有効求人倍率は前月を0.03ポイント
上回ってはいるものの大半が非正規雇用とい
いますから、もう正社員って繁栄の雇用形態
ではなくなるのかもしれませんね。

企業が働き手を求めているのにもかかわらず
有効求職者数は1.6%減少しているというこ
とは人手不足であることが明らかですよね。

クラウドワーク等の個的なビジネス環境が幅
を利かせ、主流となりつつあるこのご時世。

自己啓発性を煽る理念や社内レクなどの社員
流出止め対策には限界があることに気付いた
企業が、賃金引き上げや労働環境を改善すべ
く設備投資などの流出対策に励むのは必須で
あるように思えてなりません。