FC2ブログ

開眼する毎日

児童デイサービスパート
09 /04 2017
三菱みなとみらい技術館 (5)

放課後デイサービスの送迎パートに出て以来、
自分の住む横浜の地には子供達が喜びそうな
スポットが数多く存在することに気付きます。

先週の土曜日。

児童とサポート職員さんを乗せ自宅から15分
の程近い場所にある三菱みなとみらい技術館
へと行って参りました。

三菱みなとみらい技術館 (4)
三菱みなとみらい技術館 (3)
三菱みなとみらい技術館 (1)

私が所属するデイサービスの活動主旨の概略
にはこうあります。

授業終了後や学校が休みの日に生活能力向上
のために必要な訓練、社会との交流と促進、
その他の便宜を供与する・・

思い起こせば私も父や母に色んな所に連れて
いってもらいました。

海の広さや潮風の匂い、山の木々の音や川の
水の冷たさ、遊園地や映画館での色々な家族
模様など、数え上げたらきりがないほど。

決して豊かでは無かったとしても、経験値を
増やすための工夫を凝らし、親なりに知恵を
しぼってくれたのだろうと推測されます。

その有難い経験や体験が礎となり、文章から
思い描くイメージは、どれも子供時代に体験
させてもらったことばかりですよ。

はて・・私は自分の子供に対して何が出来て
いるのやら・・

経済的な理由で知見を狭め、可哀そうな思い
をさせてしまってはいないだろうか?

本業である調査屋稼業の稼ぎがサッパリなの
で、苦肉の策として始めた児童支援サービス
パート。

専業で職種替えするには正直、乗り越えなけ
ればならないハードルが数多く存在します。

その経済的な安定性を得るためにはどれだけ
の時間が必要かの概算の見通しはたちません。

その間に子供たちはどんどん大きくなります。

せっかく子供の成長をサポートできる職種に
携わることが叶ってますのでここはひとつ、
その知恵を拝借し、子供を外へ連れ出そうで
はありませんか。

ズーラシア

減収益著しい事務所を潰さずに支援してもら
っている親族には申し訳ない気持ちですが、
昨日一日は子供たちを近場の動物園に連れ
出すことに。

結局夏休みにはロクな体験を提供できません
でしたから、その償いとも言えましょう。

不登校の上の子のお友達のおかげで公務員
パスが利用でき、数百円で子供と大人が一日
レジャーを楽しめます。

写真は下の子が体験したラクダ乗り体験。

これから先の未来、この子がラクダと耳にすれ
ばこの日の記憶がめぐるんでしょうか。

デイサービスパートでの勉強を活かし、私が親
からしてもらったとおり、出来る限りの体験を
させてあげなければと思った一日でした。