FC2ブログ

復調の兆し

児童デイサービスパート
09 /18 2017
子供フォト

減収益著しい状況下において雇用継続が厳
しくなり、先月から異業種他社にバイトに
出てもらった同僚。

フルタイムの再就職と違うので住宅ローン
や妻子を抱えての四十路の男には収入的に
厳しい現実であることは分かっていました。

だって私も同じ立場ですからねぇ・・

(一年近くも借金で給与を支払っていた事実
を本人も分かっているので、恨まれる筋合い
はなかろう。一日でも早く辞職勧告し独り立
ちしてもらいなさい。)

援助をして延命処置をしてくれる身内からの
条件にはそんな通達が。

社会通念上で考えれば、確かに過保護な環境
でいたずらに時間ばかりを浪費していた現実
を否定できません。

過去にも前雇用者が雇いきれなくなって三度
も同業他社にあてがわれた経験のある同僚。

そのうちの一人の元経営者なんか未だに給料
の未払いがあるらしいですよ。

職業選択の自由の権利は彼の手中にある故、
最終判断として選択し、働いていたのは自分
自身なので、文句は言えないのでしょうが。

(給料が払えませんのでハイ、さよなら)

これって何か違うような気がしてなりません。

また、同業他社に押し付けて胸を撫で下ろし、
肩の荷が下りたってぇのも違います。

私の最も嫌う、過去のクズ経営者共と同じよ
うな轍を踏むわけにはいきませんでした。

そんな訳で社会貢献度の高さや従事し得られ
る幸福度の高さ、将来性のある仕事を探しあ
て出会った児童デイサービスのパート。

その事業所が10月に拡張する情報を入手しま
した。

なんとその新事業所は同僚の最寄り駅で開業
するのです。

本人にはピンとこないのでしょうが、決して
子供受けは悪くないと思われる同僚。

本人に打診してみると、意外にも難色は示し
ませんでしたので、私の所属する事業所の所
長にお願いし、面接することとなったのです。

そして実はもう面接をパスし、試用期間とし
て数回の業務に顔を出しております。

トレーニング期間中は私と同じ事業所でトレ
ーニングをするので、何か妙な感じです。

彼がこの先、この職場で正職員としてやって
いくのかどうかは分かりません。

本人のやる気なんて分かりませんしね。

事業所の雇用判断もありますしね。

しかし児童にせがまれ、初日から馬乗りを強
要され、汗を掻く彼の姿に、希望の轍が見え
たのです。

さて、彼に負けないように頑張らないと・・

今日も私は事業所カーのメンテナンスに勤し
んでおります。