FC2ブログ

上を向いて歩こう

児童デイサービスパート
12 /03 2017
こうばい


いやぁ、早くも年末モードなんですね。

そう実感させるのは(忘年会)という響き
ですよね。

ここ数年、内向きな排他的思想のもとに過
ごし、飛躍の可能性の芽を摘んで生きてき
てしまいました。

事務所の惨状を見れば、そのプローブが正
しかったことを裏付けております。

別に意図してそーしてきたつもりはないの
ですが、先日、長年を過ごしてきた同僚の
発言を聞いて背筋がゾッとしました。

貢献度というところでは何一つ実績のない
名もない末端のパートタイマーである私と
同僚。

そんな輩どもに対し、年末を迎えたんだか
らというシンプルな理由で忘年会に誘って
くれる、懐の深いパート先の責任者。


忘年会画像フリーで検索


正直、これから先の未来において長年を過
ごす人間であるかどうかは全く予想できな
い労使関係である素性の知れない二人。

それなのに快くお誘いしてくれるのです。

正直、年末の宴で飲酒など出来る状況では
ありません。

専業従事するためには相当の工夫が必要な
業界です。

しかしなんでしょう。

損得勘定を抜きにして、心の底から嬉しい
感情に襲われ、何としても参加せねばと思
ったのです。

損得勘定で形成される人間関係の薄さや儚
さ、寂しさなどはチーム結成以来、身に沁
みて分かっていることです。

いかなる行けない理由が揃っていたとして
もこの(嬉しい)という感情が背中を押す
のです。

当然この感情は苦楽を共にした同僚にも共
有された感情であると信じて疑わなかった
のですが、彼の答えはそれはもう素っ気の
ない希薄な返答でした。

思いやりの感情や優しさなど、人間的な感
情を伴わない冷血なメール2~3行の断り文
章でした。

しかもお声掛け頂いた方への返答はなく、
出欠を訊ねた私にです。

しかし彼に責任はありません。

彼は彼のまま、人生の半分をありのままに
生きてきただけなのですから。

冷静に考えてみれば、出会った二十年前頃
からUnfeelingな印象の強い人間でした。

長年共に歩んで行くうえではこちらが耐え
られないので、心の底で感じている性格を
見ないように蓋をして関係性を継続してい
ただけなのです。

ウェッティ―な情感はその人間の素性にし
か宿りようがないといったことですね。

ここ最近は家族を持ち、Unfeelingな印象
が薄れてきたと勘違いしておりましたが、
何も変わってなどいないのです。

クレバーに対応してきたと思っていた人間
関係ですが、私自身がUnfeelingな思想に
翻弄浸食されていただけだったようです。

とにかく彼とはミイラ取りがミイラになら
ないための距離感がとれました。

これからは新しい人間関係を求め、越冬を
果し春に向け、上を向いて歩まねばなりま
せんね。


戸塚の台所きたろう


晴てその第一歩となった昨晩の忘年会。

(無理してでも行ってよかったぁ)

とても素晴らしい方々の集まる宴でした。

自分の心の声をごまかさずに良かった!

利己的かつ陰々滅々した心の浄化ができた
のではないかと感じる夜でした。

トップに貼った写真のような春の華が真摯
で屈託なく目に映るように頑張ります。

それではまた。


☆追伸☆


先日、パートの勤務中。

以前調査業界で一緒に働いていたNさんと
バッタリ遭遇!

しかも同じ仕事に従事されていました‼

こんな偶然ってあるんですね。

でも私と違って二足の草鞋ではありません。

もうずいぶん長くデイサー業界に携わる方。

数少ない友人に打診して設定してみますの
で、本年度中に必ず会いましょう‼