FC2ブログ

念じて花開き、更なる一手

父ケロとして
02 /02 2018
東戸塚駅画像フリーで検索


放課後デイサービスを専業に近づける勉強のため、一駅離れた場所の事業所にパートに出たのは昨年の夏。

承知のうえでしたが、そのパート先は通うための交通費が出ません。

インフルエンザや学級閉鎖などの児童数が少人数になるこの時期。

出勤シフトは消滅し、仮に勤務が叶っても、お迎えだけの1~2時間の業務の場合には通勤に必要な駐車場代等交通費を下回る賃金となってしまい、働くほどに赤字となってしまいます。

いくら勉強のためとは言え、持ち出しが多すぎてはこの先の継続は難しい局面を迎えておりました。


沖縄の海画像フリーで検索


徒歩圏内の近場に放デイはないものなのかとネットで同じような放課後デイサービスを探し始めたのが昨年末のことです。

そして偶然にも事務所のすぐ傍で見つけました。

(あぁ、徒歩圏内にあったなんて・・)

私がパートに出た時期とその放デイさんが開所する時期がほぼ重なっているので仕方ありませんね。

そして今年に入り、履歴書を携え、半ば突撃スタイルで勇気をふり絞り、挨拶に伺ってみたのです。

強く念ずれば花開く!といったところでしょうか。

本来募集を行っていなかったその事業所。

これも何かの縁だと寛大なるお言葉を頂き、なんと三月から試用で使ってもらえることになったのです!

しかし喜んでばかりもいられません。

正式に採用が決まるまでの数か月間。

ここを食い繋がなくてはなりませんし、いざ業務が動き出して肝心な送迎のスキルが錆び付いてしまっていては、せっかくの善意に応えることが出来ません。

よってトリプルワーク計画の遂行でございます!


偕恵いわまワークス全景


(あなたを必要としている人がいます)

先月、そんなチラシが自宅のポストに!

見ればこの事務所の傍にある、障害を抱えた人たちのワークス(お店や作業所)のようです。

そこで働く方々は一般の交通機関を利用しての通所が困難らしいのです。

そんな方々の通所をサポートする送迎のパート募集のチラシでした。


偕恵いわまワークス


ここもホント事務所の傍ですよ!

早速面接の申し込みの電話をしてみます。

そして電話を切ってから5分で到着。

面接担当の方がビックリされてましたね。

そして面接が完了し、即採用!

明日の土曜日から送迎業務開始です。

天が味方してくれたのでしょうか。

雪が積もらなくてホント幸いです。

それでは、また。