FC2ブログ

貧乏人の知恵

父ケロとして
05 /20 2018
自主制作CD


放デイのパートも今夏で約一年になります。

激安賃金代表業種の福祉関連とだけあって経済的には中々厳しい状況なので、知人や家族からは(家庭があるのに)と否定的なご意見を頂戴しております。

「身を投じ、経験しなくては分からないことは多いから」と弁解してますが。

事実、貴重な経験と勉強をさせてもらっていることを考えれば、継続する意味は多大なるものです。

昨日と今日はそんな放デイの送迎に使用している音楽CDを新しくしてみました。

ちょうどそのパート先も創立一周年なので、お金をかけずに記念品として事業所にプレゼントでもと考えたわけですね。

個人差はあるものの、音楽とは人の記憶に一生残るもの。

数年数十年後、その曲を耳にしたとき。

その時に見た風景や会話などは鮮明にフラッシュバックしたりします。

その時が楽しい時間であれば尚更のこと。

ご希望があれば放デイに通う児童の親御さんにも躊躇わずに渡せるような曲を集め、大人も児童も飽きないように交互に織りなすよう一工夫した編集内容にしてみました。

詳細は仕事用ブログでも綴ってあります。

(建物調査のお仕事)

昔から色々遊んでおくものです。

芸は身を助く・・ちょっと違いますかねぇ。

それでは、また。


一周年の重み

父ケロとして
05 /14 2018
viva一周年記念品


先週のこと。

今お世話になっている放デイのパート先で法人設立一周年の記念品(クッキー)を頂きました。

私としたことが・・

何だかとっても嬉しい気分になってしまい、クッキーをつまみにして飲んでいると、気付けば写真を撮る前に完食!

今の事務所を出した時のことが昨日のようによみがえります。


たかがまだ一年でない!と鼻で笑う方。

一周年おめでとうと感じる方。


起業者の面々との距離感や関わり方における感情が左右し、その偉業に関する感想は様々なんでしょうね。

個人的にはこれって結構すごいことだと思います。

継続した年数など関係ありませんって。

四季を通した事業スキームを構築し、死なずに済む収入源を確保した訳ですからねぇ。

その事業を継続するか否か、発展と拡大を考えるのかはまた別のスキームです。

とにかく一周年、おめでとうございます!

それでは、また。