FC2ブログ

フォービドゥン テリトリー

建物調査のお仕事
07 /29 2018
kasahosi.jpg


台風の動きが東から西へ移動⁉

観測史上初めての動きらしいですね。

甚大な被害が予想される西の方には申し訳ないのですが、本日は台風一過恒例の傘干しです。


asimoto.jpg


かみさんの猫柄の傘を干し終わり、掃き出し窓を見ると・・


mikuneko.jpg


あれ、珍しい⁉

ここ数日、妙に距離を置かれ、よそよそしく触らせてもくれなかった♀猫が、いつものように私の後を追い喉を鳴らして寄ってきましたよ!

彼女(♀猫)がいつものように接してくれるわけは・・

・・あぁ、なるほど・・

禁断の領域に片足をかけましたが、思い直して引き返した私の生還を感じたのでしょうか。

危険察知能力に長けた猫ってやっぱりスゴイです。

記事カテゴリーを(建物調査の・・)にしたことにも関係するのですが、昨日の嵐の中、良縁と信じて疑わなかった建物調査の会社の関係書類やら制服やらをまとめて郵送にて返却し、関係性を絶ったのです。

禁断の領域に足を踏み入れる感覚を覚え、自分なりの危険察知センサーの針が振れたために取った行動です。

では禁断の領域とは何ぞや!ですが・・

どのような業界においても決して関係してはならないダークな人間っているんだと思います。

例えば最近だとスポーツ界や芸能界の薬関連のバイヤーですとか、政界ですと暴力団関連組織の方ですとか。

小さな業界ですが、この建物調査の業界においても、そのとある人物との関係性や過去の取引が仇となり、仕事を断られてしまうというフォービドゥンな人物が存在します。

先日調べたらもう何十年も経っているのに、調査報告書にはいまだにその人間の名前は記載出来ないとの事です。

調査業界ではもう永久ブラックなんですかねぇ・・

今回良縁と信じた会社の代表とは異なる人物ですが、やはりそのフォービドゥンマンとの関係性が密でした。

今思い返せば、言葉のセリフ回しをはじめとし数値やデータを扱う仕事をするには稚拙な技術レベルに加え、調査業を営む者としては致命的な利己主義と社会規範思想の薄さがフォービドゥンマンと同じ香りがしていたのです。

この段階で関係性を深めることをやめればよかったのですが、およそ二年になるブランクは想像以上に危険察知センサーを錆び付かせてしまっていたようです。

一緒に声をかけた元同僚のレスポンスが鈍かったのも、ひょっとしたらこの動物的な危険察知能力が働いたのかもしれません。

いやいや、今回は元同僚の判断は正しかったみたいですね。

でもウチの猫みたいに背中向けるだけでなく、ちゃんと言葉にして教えてほしかったよなぁ・・

「○○さん!ヤバいよヤバいよ!ヤバすぎます!その先は禁断の領域ですよ!」

なんてふうにさぁ・・・それでは、また。

身も心も

父ケロとして
07 /19 2018
リラックスミク


朝、腹を向け横たわる♀猫が一匹。

眠気を覚ますために捨てられない、エアコンの真下に置いてあるボロボロの一人がけソファを占拠。

きっと毛むくじゃらなので自分の寝床は暑いんでしょう。

もう一匹の♂猫は臆病なので、私が起きる時間にはまだどこかに隠れております。

いやしかし、朝からものすごい暑さですね。


先日、放デイパートに無理を言ってお休みをいただき、久々に建物調査のお仕事のお手伝いをして参りました。

朝から調査を開始し、午後は違う現場へ移動し、また調査を。

多少の勘が戻り、調査の所要時間も短縮され、午後は15時を過ぎたところで終わりが見えてきてしまいます。

するとどーでしょう。

普通に考えれば古巣である建物調査の仕事は居心地がいいはずなのに、考えることは児童のことばかりです。


そろそろ事業所ではアレをしている頃か?それともアレか?

今日は誰と誰が来ているはずかナ・・

暑いから平気だろうか?・・



放デイパートは約一年。

建物調査のお仕事は二十代後半からなのでもうかれこれ20年以上。

結局、人の心をつかむ職というものは従属年数とは関係のないものなのかもしれませんね。

放デイに関しては出会いから腹を割って見せ、自分なりに謙虚に教えを乞う姿勢を貫いたからこそなのだと自負しております。

もしかしたら放デイに身も心もどっぷりなのでしょうか?

それでは、また。

復活の烽火

父ケロとして
07 /08 2018
送迎CD大人版


パート先の送迎用CD(大人版)の選曲を強制終了!

選曲に迷っていると次から次へといい曲に辿りつき、また次の曲にと辿りつき・・結局キリがありませんから。

昨日は朝から10枚ほどCDに印刷をかけ、焼き付けと音飛びがないかどうかの確認に明け暮れておりました。

そんな折、珍しくこの事務所にお客さんがお見えに。

本来この場所の既存業務は建物等調査業事務所。

同業者の社長さんがお子さんを連れ、この事務所の業務実態の有無を視察しにいらしたのです。

最近すっかりと趣味小屋と化しているうえにこのCD制作作業ではどーしたものかと、一瞬頭を悩ませましたが・・

無駄な抵抗はせず、焦ることはヤメにしました。

取り繕ったメッキは簡単に剥がれ、それを覆い隠しながらの消耗を伴う人間関係はまっぴらごめんですから。

むしろ包み隠さず現状態の惨状を目にしてもらい、再構築の工程に参加を乞うスタイルが自然で正直であると考えたのです。

既存業務とは何の関連性もありませんが、この送迎用CD第二弾の完成が調査屋稼業の復活の烽火となるのか否か‼

今日のオフにかけ流してその可能性でも占ってみようと思います。

それでは、また。