FC2ブログ

意味を知る一日

父ケロとして
09 /24 2018
小平霊園


春から登校しはじめ、夏休みを挟み、休み明けの登校が危ぶまれていた子ケロ。

何せ二年近く不登校だったもので、行かなくなっても不思議はありません・・

しかしどーしたわけか、9月も登校しています。

別に登校していようが引きこもっていようが、愛する気持ちは揺るがないので、心の奥底ではどーでもいいことなのですが・・

時期的には仕事を福祉業界へのシフトしはじめ、今メインでお世話になっている放デイの皆さんとお会いした時期と重なります。

けっこう無関心を装ってはいても、日々活力が増してゆく父親である私の表情を感じているのでしょうか?

あるいは収入の激減により、夫婦関係は悪化の一途をたどりこれ以上ないほどの危機を迎えておりますので、その経済危機を感じ、義務教育だけでも終えておこうと立ち上がったのか?

正確な理由は分かりません。

連休ど真ん中であった昨日、世間ではお彼岸ですね。

おばあちゃんの一声で皆で墓参りに行って来ました。

家族のイベントには無関心を貫く子ケロ。

どうせは一人で留守番だろうと決めつけておりましたら、なんと普通に自分で起きて身支度をしているではありませんか!

逆に私の身支度を急かされましたよ。

若い頃にはイマイチお彼岸というイベントの有効性に気付きませんでしたが、何となく意味が分かったような気が致します。

このイベント。

現生の家族を繋ぐイベントのようですね。

さて、本日の祝日は放デイのお出かけイベントです。

こちらの社会家族もしっかりと紡いで参りまぁす!

それでは、また・・