FC2ブログ

踏み出した先の景色

父ケロとして
03 /23 2017
事務所パワーアップ

もう一つの仕事ブログで進捗を公開している
事務所のフォト。

(仕事用ブログ)建物調査のお仕事
http://datalink.tumugu.biz/

情熱的なお隣の整体院の先生と協調し推進
している実験的なリノベーション計画のカット。

この私設サイトの趣旨そのものも実験的な色
合いが強いのでちょうどいいかも知れないと
考え、リンクしてみた。

そう思わせたのには理由がある。

昨晩、ずいぶん前に勤めていた会社の非常
にお世話になった上司(当ブログでも何度か
触れている)、スピリークイーンが、今の私の
身の上の状況に有効とされる情報をフェイス
ブックで紹介してくれており、OMOYAプロジ
ェクトのblogというサイトを紹介してくれたの
だが、これが心に刺さってしまったのである。
(スピリークイーン、ありがとうございます)

スピリークイーンについての過去記事(感慨の場所)
http://datalink2.jp/blog-entry-24.html

だらしないことに、フェイスブックでのコミュニ
ケーションの仕方に慣れていないうえ、暗中
模索で行動や思考回路がとっ散らかってい
る状態なので、コンタクトメールを出来ずに、
今日という貴重な一日を終えてしまうのだ。

(事務所カフェプロジェクト)
(子供図書カフェ)
(緊急避難場所)
(シェアオフィス)

色々な言い回しで何もコンセプトが固まらぬ
まま、とりあえず動いてしまえ的に手を付け、
行動先行型の歩みを決断した本年。

従来のニッチで狭い世界の中で生息してい
る私を知る方々には一種の(奇行)とも取ら
れかねない行動には訳がある。

その意味を知らずに普段平気で使っていた
言葉に(ライフワーク)という言葉がある。

その言葉と今ある暮らしを重ねた時の違和
感に悩み続けていたここ数年。

上の子の不登校をキッカケに、その違和感
は日に日に増すばかりで、とうとう限界点に
突入してしまったからである。

決して今ある仕事を軽視しているつもりはな
いのだが、表現が下手で共に歩む同僚には
中々うまく伝えられない。

仕事も生活も全てが大切で、どちらかを犠牲
にしなければ生息権を得られないと決めつけ
た思想を改めたいと思っただけだ。

今ある環境をチェンジするのではなく、新たな
可能性との融合にチャレンジし、拡張を図って
いきたいと思う。

結果、従来の形が失われることになろうとも、
それはマイナスしたわけではなく、プラスして
その形が変わっただけのこと。

経済活動の観点では相当な減収益のリスクを
孕む、まさに(奇行)と呼ぶにふさわしい行動で
はあるのだが、昨年のままの状態よりはまだ
マシである。

一歩踏み出した先の風景は不透明で冷たい風
が吹く。

けれど不思議とこれが、寒くはないんだよなぁ。

父ケロ


コメント

非公開コメント