FC2ブログ

覚醒 遠親は近隣に如かず

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
01 /25 2017
キラキラ


おいおい、ありきたりの自叙伝なの?
それともお涙ちょーだいの不幸自慢か?
いえいえとんでもない!

23年前に横浜に逃避した見知らぬ家族。
その陳腐な過去を綴ってもしょーがない。

実のところ、過去の記憶は抹殺したいほど。
思い出すだけで気分が悪くなることもある。

ではどーして私は赤裸々に恥を晒すのか?
たぶん心に闇のない人などはいないはず。
子のために生きる親に恥や外聞などないよ。

恥を晒せば現状が変わる可能性があるかも。
変わらずとも同じ恥が上塗りされるだけの事。
痛くもかゆくもないのだ。

子ケロの不登校で柄にもなく悶々と考える。

学校に通わなくてはならぬ理由。
そこに集うことにより得られる効力や意味。
そこをスルーし生きてきた私には分からない。

けれど漠然としたメリットは答えられるかも。
友達や仲間と遊ぶ事のメリットはデカいはず。
独りで悶々と思慮したってたかが知れてる。
井の中の蛙 大海を知らず 的なそれか。

ここ1年余りで痛感したこともある。
(人は一人で生きられない)は本当なのかも。

ダメな親なりに本やネットで解決策を探る。
しかしそこから有効なアンサーは得られない。
離散した両親に話しても黙ってしまうだけ。
一家離散の道を選択した両者だから当然か。

23年前、それまでの人間関係を絶った私。
横浜の地で人生のやり直しというわけだ。
閉鎖的な性格の私でも新しい仲間が出来た。

事務所の同僚や横浜で培った友人家族。
若干精神的に辛かったからぶちまけてみた。
もちろん親らしく悩んでいるフリは忘れない。

するとどーだろう。
ただ心中を語るだけなのに少し楽になった。
タイムリーだが昨晩もそうだ。

建前案件を携え、昔の恩人に連絡してみた。
絶った筈の昔の人間関係である筈なのに。
しかしこの方は特別(特殊?)なお方。
常人では理解できない世界観をお持ちだ。
地球規格を越え宇宙規格の感性で生きる。
ほらぁ、やっぱり話せば楽になるでない・・。

小さい時から学校で果敢に人脈を構築せい。

子ケロよ。
ダメ父でも胸を張って言い切れる格言じゃ。

ああ、本日も駄々長いヨタ話で疲れてしもた。
次回のアップはサイト開設目的について。
懲りずに覗いてやって下さい。

PS.子ケロは今日も不登校記録更新中。

父ケロ

コメント

非公開コメント