FC2ブログ

緑に籠める願い

子ケロ&子々ケロ&妻ケロ
05 /04 2017
オペ前

真面目な妻ケロの状態があまり良くない。

具体的には表現しがたいのだが、日に数十
回も「ハ~疲れた」と家族の前で言い放つ。

昔のような笑顔を見ることも少なくなった。

よって家族はつかず離れずの絶妙の距離感を
保つ必要性があるのだが、そんなことには限
界があり、結局は何をしてもしなくても疲れ
を助長させることになる。

ここ数年、彼女の望みに首を横に振ったこと
はない。

(・・思えば数年どころか数十年だ)

GWに約束していた玄関前の楓の木の剪定も
彼女が望んだことである。

再生セット

急な刈込には弱いタイプと言われている楓。

記念樹と言う訳でもないのだが、子ケロ
生まれて間もないころ、婆さんが植えてく
れたのでどうしてもその成長の時を重ねて
しまう。

ただ枝を落とすだけでは済まないのが記念
樹の手のかかるところだ。

もちろんそんなことに気がまわるタイプの
女ではないので、先日こっそりと剪定と挿
し木の品々を購入しておいたのだ。

切除前

切り落とすのは二股の下の太い枝(幹)。

切除後

切り落とす場所は結構な太さなので、皮が
再生される前にばい菌がまわり、ダメになる
可能性が高いので、除菌剤入りの樹脂剤を
塗っておく。

苗ポッド

そのまま土にかえる(挿し木ポッド)40個の
中に(赤玉土)を詰め込み水を撒く。

挿し木(小)

落とした枝から生える新しめの枝葉を摘み取
り、挿し木剤の粉をつけて植え、土が顔を出し
ているところに配置。

挿し木(大)

赤玉土が残ってしまったので、大きめの鉢に
入れ、切除ポイントの異なる挿し木を保険的
に六十本植えこんでみる。

オペ後

40個の挿し木ポットと保険の挿し木の総数
は100にも及んだ。

素人には難しいと言われる楓の挿し木。

根付はプロでも20分の一の確率らしい。

1本1本、念ずるように再生を願いながらの
作業で心身ともに疲れてしまった。

相当先になりますが、根っこが生えたら報告
させて頂きます。

父ケロ


コメント

非公開コメント