FC2ブログ

紡ぎ繋ぐこと

ミシン
05 /09 2017
シンガー


G・W明けの昨日は同僚と都内某所に出掛
けることになりました。

妻ケロのいとこの家に眠る、昔懐かしい足
踏みのミシンを搬出するためです。

二階の三畳間に重量級(推定40キロ)の
工業用ミシンが置いてありますが、例え
専門業者でも、一人では不可能でしょう。

本当は休み中に自宅の普通車で妻と伺お
うかと思っていましたが、マメないとこ
が、一筋縄ではいかない旨の事前情報を
知らせてくれていたのです。

中学生時分の記憶が蘇って来ましたね。

寄贈品か何かで学校の家庭科室に搬入さ
れた足踏み式のミシン。

家庭科の先生が移動するときに手を貸した
のですが、ビクともしませんでした。

よって計画変更し、同僚と相応な貨物車で
伺うことになりました。

大汗を搔きながら搬出作業を終え、事務所
に戻ったころには陽が落ちる頃になってし
まったので、その日は事務所に置くことに。

そして一夜明けた今日、ふと気付きました。

仕事用のブログのアドレスの中には(紡ぐ)
の文言を使用しています。

建物調査のお仕事ブログ
http://datalink.tumugu.biz/

仕事用ブログを開設した4年前には、当然
預かるミシンの存在などは知る由もありま
せんでした。

なぜに(紡ぐ)を使用したんでしょうか?

若干こじつけのような関連性ではあります
がまぁいいですか。

搬入搬出のことを想定すると自宅に運ぶ
気にならないなぁしかし・・・

よく見るとガッチリとして質の良さ気な鋳造
架台の美感は実に優れています。

事務所Cafe化改装計画にちょうどいいよう
な感じだし、壊れていないようだから使える
状態にリフォームして講師を迎え入れ、親
子イベントなんてぇのを開催したら楽しいか
もしれませんね。

何なら子ケロに縫製技術を習得させようか⁉

事務所Cafeの内装コンセプトにも妙にマッチ
しているところが偶然にしては怖すぎますね。

まぁ、ぼちぼちでレストアして参りまぁ~す。

父ケロ


コメント

非公開コメント