FC2ブログ

(ミシン)アイアン脚の経過報告

ミシン
06 /24 2017
脚一ヶ月経過 (1)

鉄の塗装専門家の意見を無視し、我流を通し
シリコン配合の防錆塗装のリフォームを施した
シンガー鉄脚。

耐久性の実験のため、手荒に拭いてみたり、
ドライバーで傷をつけてみたりと、若干かわい
そうなことをしてからちょうど一ヶ月が経過し
ました。

何しろ、日常的に使ってゆくことを前提にした
考え方を投入したリフォームですので。

脚一ヶ月経過 (2)

アンティーク風にリメイクし販売しているサイト
ではよく”わざとシャビーな感じを残しました”
というライティングが多いのですが、この試作
はまさに正反対の完全防御仕様でしょうか。

シャビーで・・のキャッチフレーズを押し出す
気持ちは何となく分かります。

これ、スプレーだけでは完全に包むことは無
理だと解りました。

サビては困る可動部周辺は、どうしても刷毛
の手塗りが必要でしょうね。

最初に懸念されていた、何となくの柔らかさは
一ヶ月のうちにいい具合に塗装が痩せており、
もうあのむにゅっとした感覚はありません。

本来学校の門や車庫のシャッターなんかでの
使用が考えられているらしく、たぶんUVカット
の機能も備えられているのでしょう。

こんなにビカビカ感が残るとは思いませんでし
たが、個人的には嫌いではありません。

車に例えれば簡単ですが、わざと錆を残した
ビンテージカーなんて売ってないですからね。

脚一ヶ月経過 (3)

目指したのは次なる100年ですから途中、嫌で
も曇ってくるはずでしょう。

このほかにまだ3脚ありますが、このいい結果
を活かして、艶消しタイプを試すくらいに止め、
シリコン配合モノに決定ですかね。

・・鼻を近づけると臭いが気になるかも知れま
せんねぇ。

エナメルタイプ特有の臭いなんでしょうか?

また経過報告しますね。

コメント

非公開コメント