FC2ブログ

時代の波ですかね

建物調査のお仕事
07 /12 2017
標準18-55

これ、キャノンEosに標準セットで付いていた
18-55の広角ズームの18㎜で撮った景色です。

18㎜だから充分広角ではないかと思ってしま
いますが、実は昔のフィルムカメラの時代の
35㎜換算ですと28㎜くらいの広角レンズで撮
った感覚なんでしょうか。

広角10-18

そしてこれが同じ場所で超広角レンズ10-18の
10㎜で撮ったものです。

35㎜換算ですと16㎜くらいの広角レンズとなる
わけですね。

建物調査の仕事ではデジズームの18-55で充分
広角だったのですが、ここ最近の新仕事では若
干狭いような気がしておりました。

室内のサンプル画像は明日アップしようと思い
ますが、部屋内の広さが全く違って見えるよう
なのです。

外部でもこれだけ違って見えますからね。

多分、ネットで目にする風景写真や住宅などの
写真はこのての広角で撮っているんでしょうね。

今後の本業の展開が読めずにおりましたので、
この超広角ズームの導入は結構悩みました。

売り場のカウンターに両肘をついて目を閉じて
頭を抱え込み、そうとう異様な空気を出しなが
ら10分近く固まりましたが、結局リボ払いで購
入することに。

決め手は従来の建物調査でも併用して使用でき
ること。

標準セットのレンズでも18㎜以外で撮影するこ
とがほとんどありませんでしたので18㎜で撮影
を進めれば、似たような写真を撮ることが可能
だと言う事です。

しかも損傷箇所の拡大撮影時を想定しても被写
体から5~6㎝の近距離でピントが合うので問題
ありません。

ここまでの併用が想定できれば、十分な設備投
資となるのです。

しかしレンズ1本で本体とズームレンズセットの
価格を上回るというのはどーなんでしょうか。

どうせならこのレンズを標準セットにしてくれれ
ばいいのに・・

(玄人に近い写真を撮りたければ銭を出せ)

メーカーのそんな意図を感じてしまうのは私だけ
なのでしょうか。

ふ~っ・・

勉強って相応に金のかかるもんなんですね。

   

コメント

非公開コメント